学科の特徴

Features of the Department

世の中に、応える。

高度化・多様化する医療とともに臨床現場で活躍する薬剤師にも、より高度な専門知識や技能が求められています。
新しい時代の要請に応えられる薬剤師を育てるため、より良い学修環境を整備し、教員が一丸となってきめ細やかな教育を実践しています。
生涯教育の場の提供や、アメリカのトップレベルの教育を体験する研修制度など、学内外で患者さんのために現場で活かせる学びを展開しています。

臨床教育

ほんものを身につける

臨床教育

寄りそえる薬剤師を養成するため、臨床教育に力を注いでいます。
1年次から、早期臨床体験、妊婦や白内障患者の疑似体験、医療コミュニケーションなど、さまざまな実習を行っています。現場で働く人や患者さんの気持ちになって考える有意義な授業です。4年次の「実務事前実習」では、生活スタイルや病態など細かく設定した模擬患者(SP)に服薬指導を実施。実務に近い対応や技能を学びます。
また、健康・医療・福祉系総合大学のメリットを活かし、他学部の医師や看護師と協力して、現場さながらのチーム医療を体験します。医療現場を模した病室、薬局カウンター、服薬指導室、無菌室など、本格的で充実した設備を使用した“ほんもの”に近い体験を通じて、実際の現場で使える技能を鍛えます。

全員教育

一人ひとりを大切にサポート

全員教育

1年次では、薬学の基礎を築く物理・化学・生物の3教科を中心に、高校の学習内容を復習・補習する初年次教育に力を入れています。5〜6人の学生に教員が一人つくチュートリアル制度を導入し、週に一度のチュートリアル授業の中で、学生の学修状況を把握。きめ細かな指導をしています。
2、3年次は前期と後期に2回ずつ、担任が修学指導日を設けて、授業の出席状況や生活面について個別にアドバイス。4年次以降の学年は、選択した研究室の主任教員が責任をもって担当し、一人ひとりの学生に心と目を行き届かせています。
少しの変化も見逃さないよう、全教員と保護者がしっかり連携を取り、主役である学生を万全の体制で支えていきます。

アメリカ留学制度

最先端の薬剤師教育

アメリカ留学制度

薬学部では、5年次の春休みに、ノースカロライナ大学(UNC)のチャペルヒル校薬学部で「国際実務実習研修」を行います。ノースカロライナ大学は、全米でも薬学教育のランキング第2位に輝く名門大学。最近では、2007年にノーベル生理・医学賞を、2015年に化学賞の授賞者も輩出しています。薬剤師の資格は、その信頼性の高さからアメリカでもかなりのステイタスがあり、薬剤師をめざす優秀な学生たちの間では、憧れの大学です。日本国内の薬学部で、最先端で高水準な教育を誇るノースカロライナ大学へ研修に行けるのはわずか数校。その大学へ2週間も研修に行けるのは、本当に素晴らしいチャンスです。アメリカの学生と一緒に薬物学などの実際の授業を聴講し、大学病院内の薬局での調剤体験、薬剤師によるワクチン接種の見学も行います。白衣授与式、学生たちとの交流会など、貴重な体験を通して「薬剤師」としての意識や感性が高まります。実際に参加した学生からは「アメリカの学生は意識が高くて素晴らしい。日本の薬剤師との役割の違いにも目からウロコでした」と感動の言葉が届いています。
研修は国家試験対策を控えた5年次の春休み。アメリカ屈指の名門校で最先端の薬学教育をぜひ体験してください。今年からはテネシー大学とマーサー大学とも正式に協定を結び、海外での研修がますます充実します。”薬剤師”になる意識が大きく変わる体験になります。

卒後教育の充実

6年は、はじまりにすぎません

卒後教育の充実

地域で活躍する薬剤師へ生涯教育の場を提供するために、各種卒後教育講座を開催しています。
講演会・研修会では、臨床医師と薬剤師、薬学部教員による研修会など特色ある講座を開いています。健康・医療・福祉分野の学部がそろう大学ならではの最新の医療情報や、薬学教育を外に向けて発信していきます。
実地研修会は、地域薬剤師会と連携を取りながら、学内の施設・設備を利用して開催しています。例えば、「フィジカルアセスメントベーシックセミナー」。薬剤師に今後求められるフィジカルアセスメント(聴診や触診など、実際に患者さんの体に触れて身体の状態を評価すること)の基礎を養うなど、薬剤師のスキルアップのために役立っています。
地域交流を通して、本学部を卒業した薬剤師および地域の薬剤師に対する卒後教育に力を入れています。

ページのトップへ戻る