脂質の代謝調節メカニズムの研究を行っています。 私たちの身体にある脂質、いわゆる‘あぶら’は、身体の生命を維持するために重要な物質です。コレステロールも必要な脂質の一種で、細胞膜をつくるための大切な材料です。 コレステロールは食事によって摂取するものと、私たちの体内でつくられるものとがありますが、体外に排出するバランスが崩れ体内に増えすぎると、動脈硬化症などさまざまな病気の原因になってしまいます。当研究室では、コレステロールを含む、さまざまな脂質の代謝調節メカニズムを解明し、動脈硬化症や脂質異常症などの予防・治療に役立てていきたいと思っています。