薬学の世界

18 Labs

体内での薬の運命 薬剤学研究室

[学術論文] 2015年〜現在

Selective Accumulation of Boron-conjugated Liposomes Composed Of Dimyristoylphosphatidylcholine to B16F10 Murine Melanoma Cells in Relation to Fluidity of Cell Membranes.
S. Kasaoka, A. Kunisawa, Y. Okishima, Y. Tanaka, H. Yoshikawa, Y. Sanada1, Y. Sakurai, H. Tanaka and S. Masunaga. KURRI PROGRESS REPORT. 2018. 7.

溶出試験液中で不安定な薬物の溶出試験方法,
長田俊治, 伊波綾乃, 竹下亜沙未, 東 昂佑, 馬場実佳子, 田中佑典, 医学と薬学, 2018, 75巻, 1051-1060.

Combined effects of the drug distribution and mucus diffusion properties of self-microemulsifying drug delivery systems on the oral absorption of fenofibrate.
Sunazuka Y, Ueda K, Higashi K, Tanaka Y, Moribe K. Int J Pharm. 2018, 546:263-271.

In vivo analysis of supersaturation/precipitation/absorption behavior after oral administration of pioglitazone hydrochloride salt; determinant site of oral absorption.
Tanaka Y, Sugihara M, Kawakami A, Imai S, Itou T, Murase H, Saiki K, Kasaoka S, Yoshikawa H. Eur J Pharm Sci. 2017, 106:431-438.

In vivo evaluation of supersaturation/precipitation/re-dissolution behavior of cinnarizine, a lipophilic weak base, in the gastrointestinal tract: the key process of oral absorption.
Tanaka Y, Kawakami A, Nanimatsu A, Horio M, Matsuoka J, Wada T, Kasaoka S, Yoshikawa H. Eur J Pharm Sci. 2017. 1:464-471.

Effect of Absorption Behavior of Solubilizers on Drug Dissolution in the Gastrointestinal Tract: Evaluation Based on In Vivo Luminal Concentration-Time Profile of Cilostazol, a Poorly Soluble Drug, and Solubilizers.
Tanaka Y, Kubota A, Matsuo A, Kawakami A, Kamizi H, Mochigoe A, Hiramachi T, Kasaoka S, Yoshikawa H, Nagata S. J Pharm Sci. 2016. 105:2825-31.

Impact of Luminal Fluid Volume on the Drug Absorption After Oral Administration: Analysis Based on In Vivo Drug Concentration-Time Profile in the Gastrointestinal Tract.
Tanaka Y, Goto T, Kataoka M, Sakuma S, Yamashita S. J Pharm Sci. 2015. 104:3120-7.

 

[寄稿文など] 2015年〜現在

消化管内における難溶解性薬物の過飽和溶解挙動の評価
田中佑典, PHARM STAGE 2017, Vol. 17.

地域連携による医薬品の品質保証
長田俊治,田中佑典,市場泰全,前田賴伸,日浦和徳,大塚幸三, Pharm Tech Japan, 2015, Vol. 31, pp. 51-54.

[学会発表] 2015年〜現在

溶出試験テクニカルセミナー2018 2018年10月
消化管内における薬物のin vivo溶解挙動
田中佑典

日本薬学会第138年会 2018年3月
中性子捕捉療法を目的としたBR2 ペプチド結合型ボロンハイブリットリポソームの開発
平町 隆明, 笠岡 敏, 小石 雅也, 二木 秀仁, 田中佑典, 吉川 広之, 増永 慎一郎, 小野 公二, 櫻井良憲

日本薬学会第138年会 2018年3月
ボロン中性子捕捉療法(BNCT)を目的とした膜流動感受性ボロンハイブリッドリポソームの開発
國澤 敦史, 笠岡 敏, 小泉 將人, 沖島 由記, 田中佑典, 吉川 広之, 増永 慎一郎, 小野 公二, 櫻井良憲

日本薬剤学会第7回経口吸収FG合宿討論会 2016年12月
消化管内における難溶解性薬物の過飽和溶解挙動の評価
田中佑典

第22回創剤フォーラム若手研究会 2016年11月
消化管におけるCinnarizineの過飽和/析出/再溶解挙動の評価:その吸収におけるKey Process
田中佑典、川上彩花、何松亜美、堀尾実咲、松岡純平、和田貴美、笠岡敏、吉川広之

日本薬剤学会第31年会 2016年5月
消化管内における弱塩基性薬物シンナリジンの過飽和/析出挙動
田中佑典、川上彩花、何松亜美、堀尾実咲、和田貴美、笠岡敏、吉川広之

日本薬学会第136年会 2016年3月
中性子捕捉療法を目的とした腫瘍標的型細胞透過性ペプチド結合ボロンリポソームの開発
土井康寛、笠岡敏、上地弘輝、松岡純平、福島光博、杉本祐規、田中佑典、吉川広之、増永慎一郎、小野公二

日本薬剤学会第30年会 2015年5月
消化管内薬物濃度に基づいた可溶化剤による薬物溶解性改善効果の解析
田中佑典、久保田敦夫、松尾あきら、長田俊治

ページのトップへ戻る