薬学の世界

18 Labs

薬と環境 環境衛生薬学研究室

2015年 発表論文

Sanoh, Seigo; Tayama, Yoshitaka; Sugihara, Kazumi; Kitamura, Shigeyuki; Ohta, Shigeru, Significance of aldehyde oxidase during drug development: Effects on drug metabolism, pharmacokinetics, toxicity, and efficacy, Drug Metabolism and Pharmacokinetics (2015), 30(1), 52-63.

Tange, Satoko; Fujimoto, Nariaki; Uramaru, Naoto; Wong, Fung Fuh; Sugihara, Kazumi; Ohta, Shigeru; Kitamura, Shigeyuki, In vitro metabolism of methiocarb and carbaryl in rats, and its effect on their estrogenic and antiandrogenic activities, Environmental Toxicology and Pharmacology (2016), 41, 289-297.

 

Harada, Akiko; Sugihara, Kazumi; Watanabe, Yoko; Yamaji, Seiichi; Kitamura, Shigeyuki; Ohta, Shigeru, Aryl hydrocarbon receptor ligand activity of extracts from 62 herbal medicines and effect on cytochrome P450 activity, Yakugaku Zasshi (2015), 135(10), 1185-1196.

 

Ozaki, Hitomi; Sugihara, Kazumi; Tamura, Yuki; Fujino, Chieri; Watanabe, Yoko; Uramaru, Naoto; Sone, Tomomichi; Ohta, Shigeru; Kitamura, Shigeyuki, Hydrolytic metabolism of phenyl and benzyl salicylates, fragrances and flavoring agents in foods, by microsomes of rat and human tissues, Food and Chemical Toxicology (2015), 86, 116-123.

 

Sanoh, Seigo; Naritomi, Yoichi; Fujimoto, Mami; Sato, Koya; Kawamura, Akio; Horiguchi, Aya; Sugihara, Kazumi; Kotake, Yaichiro; Ohshita, Hiroki; Tateno, Chise; et al., Predictability of plasma concentration-time curves in humans using single-species allometric scaling of chimeric mice with humanized liver, Xenobiotica (2015), 45(7), 605-614.

 

Watanabe, Yoko; Kojima, Hiroyuki; Takeuchi, Shinji; Uramaru, Naoto; Sanoh, Seigo; Sugihara, Kazumi; Kitamura, Shigeyuki; Ohta, Shigeru, Metabolism of UV-filter benzophenone-3 by rat and human liver microsomes and its effect on endocrine-disrupting activity, Toxicology and Applied Pharmacology (2015), 282(2), 119-128.

2015年 学会発表

日本薬学会第136年会 横浜(パシフィコ横浜) 2016327()28()29()

タンニン酸アルブミンの製品間比較~帯電量調査~

○前田志津子, 手嶋茂貴, 田山剛崇, 安原昌子, 寺重隆視, 杉原数美, 佐和章弘, 三宅勝志

(広島国際大薬, JA広島厚生連尾道総合病院薬, 広島国際大院薬, 広島国際大工)

 

患者の残薬管理および廃棄行動に関する調査

○杉原数美, 前田志津子, 田山剛崇, 西村和之, 太田茂

(広島国際大薬, 県立広島大環境, 広島大院医歯薬保)

 

Allopurinol代謝に及ぼす投与量の影響

○田山剛崇, 杉原数美, 三宅勝志, 北村繁幸, 太田茂

(広島国際大薬, 日本薬大, 広島大院医歯薬)

 

マウスおよびヒトにおける医薬品類のアルデヒドオキシダーゼ阻害活性の種差

○高岡尚輝, 佐能正剛, 奥田勝博, 田山剛崇, 杉原数美, 北村繁幸, Mineko TERAO, Erico GARATTINI, 太田茂

(広島大学院医歯薬, 旭川医大, 広島国際大薬, 日本薬大, マリオネグリ薬理学研究所)

 

臭素化難燃剤PBDEおよびその代謝物による肝UGT遺伝子発現への影響

○清水良, 浦丸直人, 渡部容子, 太田茂, 北村繁幸, 杉原数美

(広島国際大薬, 日本薬大, 広島大院医歯薬保)

 

ラット肝、小腸及び膵臓ミクロソームのフタル酸エステルに対する加水分解活性の基質特異性

○森口恭子, 渡部容子, 杉原数美, 北村繁幸

(日本薬大, 広島国際大薬)

 

マウス肝aldehyde oxidase発現への化学物質の影響

○佐川誠昭,笹木大地, 秋本有花, 岡嵜明穂, 清水良, 北村繁幸, 太田茂, 杉原数美

(広島国際大薬, 日本薬大, 広島大院医歯薬)

 

 

フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジ

2015年9月17-18日 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス(神戸市)

味噌発酵過程における成分変動の1H-NMRメタボローム解析

○酒見 律子,沖中 弥生,渡邊 敦光2,太田 茂3,杉原 数美

広島国際大・薬,2広島大・原医研,3広島大院・医歯薬保)

 

核内受容体の転写活性化を介した新規甲状腺ホルモンかく乱機構の解析

○清水 良,渡部容子,浦丸直人,小島弘幸,武内伸治,黒木広明,太田 茂,北村繁幸,杉原数美

(広島国際大・薬,日本薬大,北海道衛生研究所、第一薬科大学、広島大院・医歯薬保)

 

在宅医療での麻薬製剤を含む医薬品の廃棄回収実態調査

○杉原数美1、前田志津子1、田山剛崇1、塚本豊久1、西村和之2、太田 茂3

(広島国際大・薬、2県立広島大・環境、3広島大院・医歯薬保)(

 

 

 

日本薬物動態学会 20151112-14日 タワーホール船堀(東京)

Sex differences of aldehyde oxidases in mouse liver
マウス肝アルデヒド酸化酵素の性差とその発現機序

○杉原数美、濱岡裕美、増岡さゆり、石川宏美、堀川謙太、田山剛崇、佐能正剛、北村繁幸、太田 茂

 

 

54回日本学会日本薬剤師日本病院薬剤師 中国四国支部学術大会

2015年10月30日-11月1日 高知文化ホール かるぽーと

味噌成分の1H-NMRメタボローム解析

酒見 律子、沖中 弥生、渡邊 敦光、太田 茂、杉原 数美

広島国際大・薬、広島大・原医研、広島大院・医歯薬保

 

在宅医療で発生する医薬品廃棄物に対する全国薬剤師会および地方自治体の対応

○杉原数美1、前田志津子1、田山剛崇1、塚本豊久1、西村和之2、太田 茂3

1広島国際大・薬、2県立広島大・環境、3広島大院・医歯薬保

 

 

9回メタボロームシンポジウム 2015101-2日 三島市

味噌発酵過程における成分変動の1H-NMRメタボローム解析

○酒見 律子,沖中 弥生,渡邊 敦光2,太田 茂3,杉原 数美

1広島国際大・薬、2広島大・原医研、3広島大院・医歯薬保

ページのトップへ戻る