教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms15

relayessay_cms_sp15

「何かあったらこの先生に話をしよう」。
背中を見てもらえる教員でありたい。

助教 鈴木 雅代

博士(薬学)

専門分野:衛生薬学、毒性生化学

学生は教員の背中をよく見ているものだと思うのです。学生に指導するためには、まず自身が真剣に取り組んでいる姿や必死に取り組んでいる姿、努力している姿を見せられるようにありたいと考えています。勉強や研究に関することはもちろん、プライベートなことでも何でも、とにかく「何かあったらこの先生に話をしよう」と思われる存在でありたいと思っています。

卒業研究が、最も学生と密接に接する機会。ここでは、論理的な思考や問題提起・問題解決能力を養ってほしいという考えのもとで、指導しています。実験結果を解析し、解析した結果については見るだけではなく、学生に説明してもらったり、考えられることをその都度聞くようにしています。また、卒業研究への取り組みが、これまでに習ってきた実験手法の原理などの復習する機会となり、また、これまで講義や実習で習ってきた知識を活かす応用力も培う場になればと思っています。だからこそ、学生が考え・意見を言う機会を多くつくり、活発な議論を進めています。

これから薬学の世界を目指す人には、どんな薬剤師になりたいかという目標を持ってほしいです。また、薬学の知識はもちろんですが、大学生活で様々な経験を積んで、人間としても深みのある薬剤師になってほしいです。

ページのトップへ戻る