教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms26

sp_vol26

知識の習得、もっと先へ。

准教授 木村 幸司

博士(薬学)、薬剤師、医療情報技師

専門分野:感染制御

学生達には、自らの行動の目的を明確に認識してもらいたいと思っています。

目的を見誤っていることが原因で、中途半端な状態で留まったり、誤った方向に進んでしまったりした結果、本来の目的が達成されないことがあると感じます。

薬学生は、毎日の講義で大量の新しい情報に晒されるうちに、ついつい知識を身につけること自体を目的にしがちです。

「医療とは、病の理(ことわり)を解き明かして解決策を提示すること」と定義されることがあるように、様々な病態や何万となる薬の作用や使い方に関する知識は“手段”であり、その“目的”は問題の指摘や解決策の提案です。

一方、解決策の提案もまた“手段”であり、そのもっと先で患者さんや家族、その他沢山のクライアントに“満足”してもらえるのかどうかが重要となります。そして、満足・感謝してもらえる薬剤師になることが最終的な人生の目標になるのではないでしょうか。

そのために、1年生から高学年時に向けて、講義、学内実習、臨床実習における様々な場面で、少しずつ焦らず刺激し、手段と目的を自然と認識できるように成長させたいと考えています。

ページのトップへ戻る