教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms33

sp_vol33

常に、学生とともに考え、議論をし、
議論した中でBestを選ぶ。

助教 南 英輝

修士(薬学)、薬剤師、エックス線作業主任

専門分野:物性物理化学

学生と教員の関係は、研究や教育に関しては常に対等だと考えています。学生からの意見や指摘で気づかされることもあります。研究に関しては、「これをやれば一番bestだ!」という完全な方法はないと思います。常に、学生とともに考え、議論をし、議論した中でBestを選びます。ダメならまた考え、より充実した方向に進むと考えています。教育に関してもほぼ同じです。一方的な伝授や指導ではなく、双方向で前に進めていくような教育を目指したいと思います。

日頃、学生には、できる限り絵などを使い、測定方法の原理や、専門分野のことについて説明しています。文章で覚え理解するより、頭の中でイメージし、理解する方が良いと思うのです。また、卒業研究においても、研究テーマの範囲内で、国家試験に良く出る測定機器や理論などと絡め、実際に利用し、頭の中でイメージしやすいようにしています。或る学生は、卒業研究に取り組み始めた頃は、手技や技法に対してぎこちない面もあったのですが、回を重ねるうちに慣れてきて、終盤には今行っている研究に対して、俯瞰することができ、関連した知識も自然と身についていきました。こうした変化を目の当たりにできるのは、教育者としてうれしいものです。

高校生のみなさんには、薬剤師は、病院や調剤薬局以外にも、製薬会社や行政機関、教育機関など、表立って出てはこないけれど、社会のあちこちで活躍していますよ!そんな社会の一員になることをお勧めします。

ページのトップへ戻る