教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms36

sp_vol36

時間をかける、量に取り組む。
真に理解できるまで。

助教 小田 啓祐

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:薬物動態学

最近の学生の傾向として、講義中に分からなかったことをそのまま放置して、どんどん分からなくなっていっていることが多いと感じます。その原因を取り除くには、学生が教員に質問しやすい環境を作る必要があります。そのため、教員は学生が講義終了後に質問に来やすくなるように気さくに接し、時間をかけて対応していくことが重要と考えています。

例えば、薬物の体内動態を計算する際、式を用いて解く必要があります。式の意味を理解した上で覚えることが重要であるため、正規のカリキュラム以外の時間にも補習の時間を設け、式の意味、パラメータの意味を丁寧に平易に時間をかけて説明しています。さらに、計算問題については、問題を多く解いて慣れる必要があるのですが、既存の参考書や国家試験の過去問では問題数が少ない。そこで、オリジナルの問題を作成し、学生に配布し、問題数を多くこなすように指導しています。

薬剤師は、医療に携わる非常にやりがいのある職種です。プロフェショナルとして、今後ますます患者さんに接する機会が多くなるであろうと考えられています。勉強ももちろん大切ですが、医療人としての人間力も大切です。広島国際大学では、留学をはじめ、人として成長できる機会が多くあります。薬剤師を志す人には、これらを利用して、様々なことに興味を持って取り組み、将来大きく羽ばたいてほしいものです。信頼される薬剤師になるために。

ページのトップへ戻る