学部案内

Outline

カリキュラムポリシー

保健医療学部 診療放射線学科

教育研究上の目的は急速に高度化・専門化する放射線診療に対応でき、さらに、人間性を尊重し、心豊かな医療人としてチーム医療で活躍できる診療放射線技師を育成することである。この目的を達成するためにカリキュラムを編成する。

保健医療学部 医療技術学科

教育研究上の目的は医療人に求められる健全な人間性、倫理観、国際感覚を持ち、臨床工学・臨床検査学・救急救命学の広い領域での知識・技術をもとに、日々進歩し続ける医療機器・医療技術の変化に対応できる能力や医療チームの牽引役となることができる能力を持つ臨床工学技士・臨床検査技師・救急救命士を育成することである。この目的を達成するために、各専攻のカリキュラムを編成する。

臨床工学専攻

1)チーム医療を担う医療専門職の育成

臨床工学技士は人の命を守り、治療する医療分野の中でイコールパートナーとして、他の医療専門職と協働し、自らの専門性を発揮しなければならない。初年次から少人数制の、しかも3専攻の学生が合同で自ら課題を発見し、討論を重ねて、チーム医療に欠かせない教養、基礎力を養い、リーダーシップを発揮できる医療人の育成をする。

2)探究心旺盛な医療専門職の育成

高度な専門的知識は、人を知り、環境を知り、多くの疾患の基礎的事項を習得するところから始まる。1年次では教養科目を中心に専門基礎科目も学ぶ。2年次から4年次にかけては主として専門科目を学び、4年次に病院で実践教育を行う。しかし、それぞれの専門知識を既存のものに留めることなく、4年次には「卒業研究」で一歩踏み込んだ研究、論文作成を行い、卒業後の学修・研究意欲を維持、高揚させる。この探究心をもって更なる医療技術の発展に寄与する医療技術者、医療科学者を育成する。

3)医療人として感性豊かな人間性の構築

本学のステートメント『いのちのそばに。ひととともに。』の思いを原点に、常にあらゆる人の健康と幸福を希求する精神に基づくとともに、本学が求める医療技術は単に病気の治療にとどまらず、健康の維持・増進、病気の予防、治療後の生活改善をも含む技術であらねばならない。さらに医療系総合大学、同じ学科に3専攻が設置されているという特色を活かし、他専門職を目指す学生と共に学ぶ機会を設け、人を思いやる心、患者の立場からの思考、患者を 取り巻く環境への配慮を培い、医療を実践するにふさわしい人間性を構築していく。

臨床検査学専攻

1)チーム医療を担う医療専門職の育成

臨床検査技師は様々な検査技術を駆使し、人の命を守り、治療する医療分野の中でイコールパートナーとして、他の医療専門職と協働し、自らの専門性を発揮しなければならない。初年次から少人数制の、しかも3専攻の学生が合同で自ら課題を発見し、討論を重ねて、チーム医療に欠かせない教養、基礎力を養い、リーダーシップを発揮できる医療人の育成をする。

2)探究心旺盛な医療専門職の育成

高度な専門的知識は、人を知り、環境を知り、多くの疾患の基礎的事項を習得するところから始まる。1年次では教養科目を中心に専門基礎科目も学ぶ。2年次から4年次にかけては主として専門科目を学び、4年次に病院で実践教育を行う。しかし、それぞれの専門知識を既存のものに留めることなく、4年次には「卒業研究」で一歩踏み込んだ研究、論文作成を行い、卒業後の学修・研究意欲を維持、高揚させる。この探究心をもって更なる医療技術の発展に寄与する医療技術者、医療科学者を育成する。

3)医療人として感性豊かな人間性の構築

本学のステートメント『いのちのそばに。ひととともに。』の思いを原点に、常にあらゆる人の健康と幸福を希求する精神に基づくとともに、本学が求める医療技術は単に病気の治療にとどまらず、健康の維持・増進、病気の予防、治療後の生活改善をも含む技術であらねばならない。さらに医療系総合大学、同じ学科に3専攻が設置されているという特色を活かし、他専門職を目指す学生と共に学ぶ機会を設け、人を思いやる心、患者の立場からの思考、患者を取り巻く環境への配慮を培い、医療を実践するにふさわしい人間性を構築していく。

救急救命学専攻

1)チーム医療を担う医療専門職の育成

救急救命士は救急医療の中でイコールパートナーとして、他の医療専門職と協働し、自らの専門性を発揮しなければならない。初年次から少人数制の、しかも3専攻の学生が合同で自ら課題を発見し、討論を重ねて、チーム医療に欠かせない教養、基礎力を養い、リーダーシップを発揮できる医療人の育成をする。

2)探究心旺盛な医療専門職の育成

高度な専門的知識は、人を知り、環境を知り、多くの疾患の基礎的事項を習得するところから始まる。1年次では教養科目を中心に専門基礎科目も学ぶ。2年次から4年次にかけては 主として専門科目を学び、救急救命学専攻では3年次に消防署や病院で実践教育を行う。しかし、それぞれの専門知識を既存のものに留めることなく、4年次には「卒業研究」で一歩踏み込んだ研究、論文作成を行い、卒業後の学修・研究意欲を維持、高揚させる。この探究心をもって更なる医療技術の発展に寄与する医療技術者、医療科学者を育成する。

3)医療人として感性豊かな人間性の構築

本学のステートメント『いのちのそばに。ひととともに。』の思いを原点に、常にあらゆる人の健康と幸福を希求する精神に基づくとともに、本学が求める医療技術は単に病気の治療にとどまらず、健康の維持・増進、病気の予防、治療後の生活改善をも含む技術であらねばならない。さらに医療系総合大学、同じ学科に3専攻が設置されているという特色を活かし、他専 門職を目指す学生と共に学ぶ機会を設け、人を思いやる心、患者の立場からの思考、患者を取り巻く環境への配慮を培い、医療を実践するにふさわしい人間性を構築していく。

PAGE TOP