私たちの研究室では、白血球が細菌を食べることにより活性酸素を産生する仕組みや、遺伝的に正常な白血球を作ることができない病気の原因解明を行っています。 人は細菌などの病原体から身を守るために、さまざまな防御機構を備えています。白血球は体内に病原体が入ると、 白血球の中にある好中球と呼ばれる細胞が、酸素から毒性のある活性酸素を作り殺菌を行います。この活性酸素を作ることができない遺伝疾患や、先天的に好中球を作り出すことができない好中球異常症について分子的に解析しています。そして、血液細胞への分化機構を解析することで、新規の白血病治療薬の開発をめざしています。