教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms29

sp_vol29

あくまで、主役は学生。
学生目線に立った指導を心がけています。

講師 小林 秀丈

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:細菌学

興味があれば、6年の道のりを歩める。

薬学部で学びたいと希望している人は、薬学について何か一つでも興味がもてるものを見つけてみてください。薬剤師になるためには6年間大学に通い、最後に薬剤師国家試験に合格してはじめて薬剤師の資格がもらえます。想像どおりとても長い道のりです。その中で少しでも興味がもてることがあれば、その長い道のりも途中でへこたれず進むことができると思っています。また、気の合う仲間もそういった時の助けになってくれます。

必要な場でしっかりとサポートできる存在でありたい。

教員は、学生を陰からサポートする存在。高校とは異なり、大学は、自主的に勉強に取り組む場所です。あくまでも主役は学生であり、教員は学生の学修意欲を高めるための存在にしか過ぎません。しかしながら、薬学は様々な分野について学ぶ必要がありその内容も高度なため、他の学部と比べると多少教員に依存する面も多くなると思います。教員は、必要な場面でしっかりサポートできるような存在でありたいと思います。学生目線に立った指導を日頃から心がけています。私はよく卒業研究で学生と研究データについての話をすることが多いのですが、その際にも得られた実験結果についてのみ話をするのではなく、今行っている実験の目的や目指している目標についても併せて話をします。なるべく簡単な言葉を使い、理解しやすいようにも心がけています。目的や目指す目標が明確になれば自然と研究に対する興味も湧いてきます。

ページのトップへ戻る