教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms30

sp_vol30

いつもはフランク、でも、要所ではしっかりと締める。
そんな教員でありたい。

助教 神垣 真由美

博士(医学)

専門分野:薬理学

薬剤師はとてもやりがいがある仕事です。患者さんに信頼され、安心してお薬を飲んでもらうためにも知識をしっかりと付けておくことが大切です。大学では、自主性をもって学び、しっかりと多くの知識を付けていただきたいし、また、そうした学びたいという気持ちに応えていきたいと思っています。

日頃は、教員として、威圧的にならないように気を付けています。また、授業の際は、学生に理解してもらえるように、スライドを作成するなどして口での説明だけにならないようにしています。失敗した際などは、もちろん注意をしていますが、単に注意をするだけではなく、前よりも改善した点などを伝え、学生のモチベーションが下がらないようにしています。そのためには、常日頃からひとりひとりの学生に目配りをしておきたいと考えています。注意した時の空気を長引かせないように、こちらから明るい雰囲気を作ることも大切に思います。

教員である前に、人として、尊敬に値する人物でありたいと願っています。学生を上から抑えつける、びくびくさせてしまうような教育はダメだと思います。いつもはフランクでも、要所ではしっかりと締める。学生がやりたい、学びたいと思うためにも話しやすい雰囲気でいること、そんなことを考えながら学生と接しています。

ページのトップへ戻る