教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms40

sp_vol40

対話から力をひきだし、実力を高めていく。

准教授 児玉 頼光

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:有機薬化学、有機電解反応、
生体無機化学

教員は、学生から相談や質問をしやすい環境を整える必要があります。日頃、講義について質問に来た学生に対しては、まず学生の話を聴くことで、どこまで解釈しているか、どの部分を間違っているのかを確認するようにしています。その後、誤りの部分のみを指摘することで正答にできるだけ自力で到達できるようにしています。

ただし、一方で、学生も一度は仲間同士(または自己)で解決する努力をする必要があると考えています。学生間で補い合い、そうすることで学生全体の実力が高まるためです。まずは、自分自身で、そして、ともに学ぶ仲間や先輩と話し合う。そして、最終的に出た結論に不安がある場合や解決できない場合は教員などを利用してほしい、と考えています。

これから、薬学部受験を考えている人には、学業面がとてもハードなので、最終的な目標、例えば薬剤師になって、どのようなことがしたいのかといったものをしっかりと持つようにしてほしいです。苦手な科目や受験に必要の無い科目(特に理系科目)についても、授業をしっかりと聞いておいてください。日頃のニュース(特に医療、科学)にも、興味をもって、共感できる部分や疑問に思う部分を考えるようにいていくことが、今後の学習や仕事に役立つのです。

ページのトップへ戻る