薬学の世界

18 Labs

薬と臨床医療 医療薬学研究センター

第26回日本医療薬学会にて発表してきました。

第26回日本医療薬学会(国立京都国際会館)にて、本研究室5年生の花野さん、6年生の門前くん、前田先生が発表をしました。
学会では、本学の卒業生も多く発表をしており、薬剤師として業務のほかに、臨床研究の分野でも活躍している姿を見せてもらいました。
 dsc_0734dsc_0721dsc_0728

[学術論文、解説論文](過去5年分から抜粋)

Estimation of occupational exposure to drugs during tablet crushing
Shizuko Maeda,Eiko Takahashi,Yoshitaka Tayama,Shigeyuki Kitamura,Toyohisa Tsukamoto,Katsushi Miyake,Kazumi Sugihara 
Fundam. Toxicol. Sci. Vol. 3 No. 4 177-183(2016)

Bakumondo-to on cytochrome P450 activities in rat liver microsomes
Yasuhara M., Tayama Y., Kashiwagi T., Sawa A., Kihira K., Miyake K.
Journal of King Saud University – Science28, 198-202 (2016)

広島がん化学療法研究会における多施設間共同研究(第2報)-PE療法とPI療法における副作用モニタリングシートの作成と副作用の比較-
森川記道,阪田安彦,阿部圭輔,北本真一,坂本健一,佐伯康之,今津邦智,木村幸司,西原昌幸,木平健治
日本病院薬剤師会雑誌,52,423-428(2016)

坐剤分割時の分割手法
田山剛崇
薬局, 65(9),2408-2413 (2014)

幼稚園の教員に対する医薬品情報提供の現状と問題点
田山剛崇
小児科臨床, 67, 1981-1986 (2014)

広島がん化学療法研究会における多施設共同研究-Monthly TC療法とWeekly TC療法における副作用モニタリングシートの作成と副作用の比較
北本真一,西原昌幸,上野千奈美,酒井洋子,笠原庸子,林聖二,阪田安彦,佐伯康之,大原雅史,田辺友也,木村幸司,木平健治
日本病院薬剤師会雑誌,48,217-222(2012)

シタグリプチン服薬患者のHbA1cの推移と治療成績に影響を与える重要因子の検討
藤本綾,谷後友絵,池本雅章,佐々木雄啓,木村幸司,松山彰子,斉藤茜,佐和章弘,三宅勝志
日本病院薬剤師会雑誌,48,1221-1225(2012)

[学会発表](過去2年分から抜粋)

タンニン酸アルブミンの製品間比較~帯電量調査~
前田志津子,手嶋茂貴,田山剛崇,安原昌子,寺重隆視,杉原数美,佐和章弘,三宅勝志
日本薬学会第136年会(2016年3月)
 
患者の残薬管理および廃棄活動に関する調査
杉原数美,前田志津子,田山剛崇,西村和之,太田茂
日本薬学会第136年会(2016年3月)
 
地域を活用した医療人養成教育への取り組み2 -地域の子供たちを対象とした薬学生による感染予防教室の効果-
神原美子,胡田順子,内田有華,長坂頼子,中山愛咲,前田志津子,木村幸司,三宅勝志
日本薬学会第136年会(2016年3月)

Allopurinol代謝に及ぼす投与量の影響
田山剛崇,杉原数美,三宅勝志,北村繁幸,太田 茂
日本薬学会第136年会(2016年3月)

ラット in vivo におけるAllopurinol代謝に及ぼすaldehyde oxidase活性の影響~臨床濃度における検討~
田山剛崇,杉原数美,三宅勝志,北村繁幸,太田 茂
第25回日本医療薬学会 (2015年11月)
薬物代謝酵素活性に及ぼす麦門冬湯の影響
柏木健宏,原昌子,田山剛崇,佐和章弘,三宅勝志
第25回日本医療薬学会 (2015年11月)

保護者が幼稚園・保育所の教職員に伝達している医薬品情報内容の検討
吉次紗也加,田山剛崇,三宅勝志
第25回日本医療薬学会 (2015年11月)
ページのトップへ戻る