教育×人 -リレー・エッセイ48-

ph_vol06

sp_vol06

自分で頑張る。
その環境を創るのも教員の役割。

助教 前田 志津子

修士(薬学)、薬剤師、第一種放射線取扱主任者

専門分野:医療系薬学、環境・衛生系薬学

学生たちには、勉強方法や生活全般についての指導・アドバイスを行っています。例えば、夜型の学生に対しては、試験が朝からあることが多いため、その時間帯にベストが尽くせるように、普段から朝型へ切り替えるよう指導したり、なかなか成績が上がらない学生に対しては、これまでの勉強方法を見直して、よりその人に合った勉強方法への改善や変更を提案したりします。

私自身、学生時代には、勉強があまり好きでなく、強制されてやる気をなくしたりしたこともありました。だからこそ、そんな学生の気持ちは、よく分かります。とはいえ、共感だけで終わらせるのではなく、学生が「自ら頑張ろう」と思える環境のお手伝いをしたいと考えています。

教員と学生の関係は、なんでも相談してもらえるくらい仲がいいに越したことはないのですが、一線を画すことも必要です。指導の中では、友人だったら、あるいは、家族だったら言わないような厳しいことも、学生の将来のプラスになると思えばはっきりと伝えています。

薬剤師は、患者さんの人生や命を左右することもありうる仕事です。とても責任重大で、その分やりがいもあります。患者さんからの『ありがとう』と言う言葉や笑顔を見たいためだけに頑張っている薬剤師の方は大勢います。実際に薬剤師として活動を始めたら、患者さんはもちろんのこと、医師や看護師等の他の医療職の方とのコミュニケーションがとても大切になります。なんでも早すぎることはなく、まずは、日常の暮らしの中で、自分の周りの人間関係を大切にする。そんな心がけが大切だと思っています。

ページのトップへ戻る