医療栄養学科

卒業生の声

勤務先広島市民病院 勤務 ※2019年度時点

医療栄養学科 2018年度卒業

渡邉 一貴さん

将来、食に携わる仕事をしたいと考え、医療の知識も同時に修得できる広島国際大学に進学を決めました。また、一期生として、自分達が歴史を築く事ができるという点にも魅力を感じました。私は、在学中にNST(栄養サポートチーム)という、病院の医療チームの中で、患者さんに栄養介入し、治療の効果を最大限高めるという管理栄養士の役割を知り、目標を見つけることができました。 現在3病棟を担当し、栄養状態に問題を抱えた患者さんに対して栄養介入を行っています。患者さんはもちろん、他の医療スタッフにも信頼される管理栄養士になるため、これからも一層努力していきます。

勤務先社会福祉法人 あと会 勤務 ※2019年度時点

医療栄養学科 2018年度卒業

池田 桃子さん

現在は主に厨房業務に携わっており、調理、盛り付け、配膳を行っています。調理、盛り付けはスムーズに行うことは大変ですが、知識も増えてためになっています。配膳は楽しみの一つで、ご利用者がおいしいと言ってくださったり、感謝してくださったりするので励みになっています。夏祭りや焼肉会、敬老の日等、行事も多くあり、ご利用者に喜んでいただけるように行事食も提供しています。あと会では噛む力、飲み込む力が低下している方に凍結含浸法を用いた食事を提供しています。主に極刻み食の方へ主菜や副菜、麺類などを毎日提供しています。大学時代に坂本教授のもとで、凍結含浸法について学ばせていただき、その知識を活かすことができています。凍結含浸法を用いた料理の種類がさらに増えるように、私も努力していきたいです。

勤務先保育園 勤務※2019年度時点

医療栄養学科 2018年度卒業

大津 加奈絵さん

保育園では、0~5歳児50名の給食とおやつを作っています。 仕事内容は、献立作成、発注、調理・盛り付け、離乳食・おやつ作り、食育、給食便りの作成等です。1か月に1回、誕生日パーティーのケーキや、おやつバイキング、ランチバイキングの計画もします。 給食だよりを通じて、保護者の方とのコミュニケーションをとりアレルギーや離乳食の相談にのったりもします。給食の時間は園児達の教室に出向き、食事の様子を見ながら食育等も行います。 大学での応用栄養学や、保健センターでの臨地実習がとても役に立っています。特に離乳食の進め方がしっかり頭に入っていたのでスムーズに作ることができています。 忙しいながらも、毎日園児達の笑顔に活力をもらい充実した毎日を送っています。

ページのトップへ戻る