薬学の世界

16 Labs

体のしくみ 生化学研究室

2021年度 生化学教室 メンバー構成

2021年度の生化学教室は以下のメンバーで構成します。
今年度は新たに宮﨑助教が着任し、教員3人体制*となります。
*佐藤助教は任期満了により退職されました。

教員3名(堀教授、瀧野講師、宮﨑助教)

学部卒研生
4年次生 4名
5年次生 7名
6年次生 6名
参考:本学薬学部では、卒業研究のため4年次4月より各学生が希望する教室(研究室)に配属されしっかり指導を受けます。

以上、計20名。

所属学生が日本薬学会中国四国支部学術大会において学生発表奨励賞を受賞

生化学教室所属の金高 匠くんが第59回日本薬学会中国四国支部学術大会において2020年度学生発表奨励賞を受賞しました。
受賞題目「TAGE (Toxic-AGEs)による血管透過性亢進に対するRasGRP2の影響」

2019年度 薬学研究科「博士論文発表会」

2月8日
「血管内皮細胞における RAGRP2 のアポトーシス抑制機構に関する研究」という演題で、大学院生の佐藤君が博士論文発表会行いました。

研究室の在学生と卒業生が懇親会を開催。

10月8日
研究室+αで毎年恒例となっている西条の酒まつりに行ってきました。
本研究室の卒業生も参加し、在学生と一緒に酒ひろばでの飲み比べから酒蔵巡りを一日かけて楽しみました。
皆で懇親を深めながら、日本酒についても深く学ぶことが出来ました。
image0

子ども向け体験講座に参加。

8月9日
今年も社会貢献活動の一環として大学で行っている子ども向け体験講座に参加しました。
参加小学生達は、普段できないことが体験できて大変喜んでくれました。
image1

特別講義&科学研究打合せ。

7月3日
薬学部6年次生向けアドバンス科目「生化学の進歩」の特別講師として竹内正義先生をお招きし、約100名の学生を対象に特別講義を行っていただきました。
竹内先生は、金沢医科大学 総合医学研究所 先端医療研究領域長として最先端の研究を主導される一方、同研究所の副所長としても手腕を奮っておられます。
本研究室では、かねてより「終末糖化産物と生活習慣病に関する研究」において、竹内先生と共同研究させていただいているご縁から、この特別講義が実現することとなりました。
特別講義では、現代社会で大きな問題となっている、糖質の過剰摂取等によるタンパク質の糖化が生活習慣病に非常に大きな悪影響を及ぼしていることやその科学的メカニズムなどを分かりやすく解説していただき、来春には薬剤師として羽ばたくべく最終のまとめに入っている6年次生に大きなインパクトを与えていただきました。
合わせて、瀧野純一 助教が分担者として携わる科研費 基盤研究(A)に関する研究の進捗状況を報告し、今後の研究に有意義な討論を行いました。
image1image2image3

卒業生が来学。

6月24日
2016年度の卒業生 清水菜央さんが、近況報告を兼ねて研究室を訪ねてくれました。
現在は、土谷総合病院で薬剤師として勤務しています。
配属生たちも久しぶりに先輩に会えて嬉しそうでした。
これからの益々のご活躍を期待しております。
image1k

卒業生が来学。

6月15日
2016年度の卒業生 平石勇くんが、近況報告を兼ねて研究室を訪ねてくれました。
現在は、大阪府の阪神調剤薬局大阪西店で薬剤師として勤務しています。
配属生たちも久しぶりに先輩に会えて嬉しそうでした。
これからの益々のご活躍を期待しております。
image2image1

長嶺憲太郎准教授が「The 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award」に選出

アメリカの出版社が、各分野で著名な人物の略歴などを掲載し発行する年鑑の紳士録『Marquis Who’s Who』選出による「The 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award」に、長嶺憲太郎准教授が選出されました。
 
詳しくはこちら
http://www.hirokoku-u.ac.jp/information/2017/22802/24314.html

研究室イベント&薬学部行事参加

ゼミ旅行 in 帝釈峡。
5月1-2日
今年のゼミ旅行は帝釈峡に行きました。
BBQ、花火、釣り、水陸両用車、鍾乳洞散策など盛りだくさんの内容で自然を満喫しました。
image3

ソフトボール大会。
4月29日
研究室対抗ソフトボール大会に参加しました。
決勝トーナメントには進めませんでしたが、皆で力を合わせてよく頑張りました。
また、卒業生も応援に駆けつけてくれました。
image7

白衣授与式。
4月21日
5年生は実務実習に向けて名前入りの白衣を授与されました。
image1

研究室恒例BBQ懇親会。
4月16日
研究室で毎年恒例となっているBBQ懇親会を堀教授宅で行いました。
今年もBBQに加えて手料理と銘酒を、お腹一杯まで飲み食べしました。
4年生、5年生、6年生の研究室メンバーが仲良く一緒に火を囲んで、
卒業研究や学生生活について楽しく話し、今後の研究や学習への活力を得ました。
image1

日本薬学会第137年会(仙台)で発表。

3月24-27日
「Ras guanyl releasing protein2 (RASGRP2) による血管内皮細胞死の抑制」という演題で、大学院生の佐藤君が口頭発表を行い、「HNRNPMノックダウンによる遺伝子発現変化の解析~リキッドバイオプシーによる非アルコール性脂肪肝炎の診断を目指して~」という演題で、学部6年生の鈴木さんがポスター発表を行いました。
image1image2image3

研究室恒例BBQ懇親会。

研究室で毎年恒例となっているBBQ懇親会を堀教授宅で行いました。
今年もBBQに加えて手料理と銘酒を、お腹一杯まで飲み食べしました。
4年生、5年生、6年生の研究室メンバーが仲良く一緒に火を囲んで、卒業研究や学生生活について楽しく話し、今後の研究や学習への活力を得ました。

image1-webimage2-webimage4-web

金沢医科大学総合医学研究所との共同研究打ち合わせ。

11月8日
広島市内にて金沢医科大学総合医学研究所の竹内正義 教授と共同研究打ち合わせを行いました。
瀧野純一 助教が分担者として携わる科研費 基盤研究(A)に関する研究の進捗状況を報告し、今後の研究に有意義な討論を行いました。
その後の食事会では、学生も交えて研究や大学の話などで大変盛り上がりました。
image1-web

第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会で発表。

11月5日
「Glycer-AGEsに関連したNASHの非侵襲的バイオマーカー探索」という演題で、瀧野純一助教が口頭発表を行いました。
また、一般講演「生物化学1-3」で長嶺憲太郎 准教授が座長を務めました。
学会会場では、本学卒業生と久しぶりに再会し、彼女らの成果報告を聴講しました。
image3-webimage2-webimage4-web

ホームカミングデーに参加。

10月29日
ホームカミングデーに参加しました。
懇親会では、卒業生達との思い出話で大変盛り上がりました。
image1-web

大学祭(和深祭)にて当てくじ屋を出店。

10月22日
研究室として大学祭で恒例の当てくじ屋(バイオ・けむ・トイ・ショップ)を出店しました。
バイオ・けむ・トイ・ショップでは、バルーン(剣やビーチボールなど)、スーパーボール、デコシールやストラップなど様々な当てくじを販売しました。
大人から子供まで大勢の方に楽しんで頂き、ほぼ完売することが出来ました。
雨で足元が悪い中お越し頂きありがとうございました。
image8-web
image7-webimage6-webimage5-web
image1-webimage2-webimage9-web

研究室の在学生と卒業生が懇親会を行いました。

10月9日
研究室+αで毎年恒例となっている西条の酒まつりに行ってきました。
本研究室の卒業生も参加し、在学生と一緒に酒ひろばでの飲み比べから酒蔵巡りを一日かけて楽しみました。
皆で懇親を深めながら、日本酒についても深く学ぶことが出来ました。
image1-web-cut
image2-web-cutimage5-web-cut
image9-web-cut
image6-web-cut

卒業生が訪問してくれました。

9月8日
2015年度の卒業生 中島健太くんが近況報告を兼ねて研究室を訪ねてくれました。
現在は呉市のウォンツ薬局で薬剤師として勤務しています。
配属生たちも久しぶりに先輩に会えて嬉しそうでした。
これからの益々のご活躍を期待しております。
dscf1417-web

お疲れさん会をしました。

8月3日
4年生は定期試験、5年生は実務実習1期、6年生は卒試が終わり、一段落したということで飲み会を行いました。
教員も含め皆さんリフレッシュできたようです。
Web image2Web image3Web image4

金沢医大 総合医学研究所 副所長の竹内正義教授に特別講義を行っていただきました。

6月6日(月)、薬学部6年次生向けアドバンス科目「生化学の進歩」の特別講師と
して竹内正義先生をお招きし、約100名の学生を対象に特別講義を行っていただ
きました。竹内先生は、金沢医科大学 総合医学研究所 先端医療研究領域長と
して最先端の研究を主導される一方、同研究所の副所長としても手腕を奮ってお
られます。

本研究室では、かねてより「終末糖化産物と生活習慣病に関する研究」におい
て、竹内先生と共同研究させていただいているご縁から、この特別講義が実現す
ることとなりました。

特別講義では、現代社会で大きな問題となっている、糖質の過剰摂取等によるタ
ンパク質の糖化が生活習慣病に非常に大きな悪影響を及ぼしていることやその科
学的メカニズムなどを分かりやすく解説していただき、来春には薬剤師として羽
ばたくべく最終のまとめに入っている6年次生に大きなインパクトを与えていた
だきました。

堀教授がFMラジオの健康番組にゲストとして出演しました。

堀教授が、FMちゅーピー(広島76.6MHz)の番組「みんなの健康百科」にゲストとして2週にわたり出演し、
薬剤師に求められている役割について解説しました。

5月13日(金) 「かかりつけ薬剤師制度について」
5月27日(金) 「在宅医療について」

参考:FMちゅーピーは、インターネットラジオで全国で聴取できます。

生化学教室メンバーで「宮島」にゼミ旅行に行きました。

新しく研究室メンバーとなった4年次卒研生9名と一緒に、5月4日、5日に一泊で安芸の宮島に親善旅行に出かけました。厳島神社周辺の散策を行い、
バーベキューや、もみじ饅頭作り体験を楽しみました。また、自炊でお互いのつながりを深めることもできました。
今年も一年、仲間同士、仲良くやっていけそうです。
Web image1Web image2
Web image3Web image4
Web image5Web image6

2020年度 生化学教室 メンバー構成

2020年度の生化学教室は以下のメンバーで構成します。
今年度から新たに佐藤助教が着任し、教員3人体制となりました。

教員3名(堀教授、瀧野講師、佐藤助教)

学部卒研生
4年次生 7名
5年次生 6名
6年次生 5名
参考:本学薬学部では、卒業研究のため4年次4月より各学生が希望する教室(研究室)に配属されしっかり指導を受けます。

以上、計21名。

ページのトップへ戻る