常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『瀬戸内イキイキ』プロジェクト

瀬戸内の島々で高齢者が活き活きと暮らし続けるため、地域の活性化を目的に、看護学部の学生が健康に関する知識を提供します。現在は大崎上島と豊島を舞台に活動しています。

プロジェクトメンバーが江田島宿泊研修に参加!

9月22日~23日、メンバー同士の絆を深めるために、学生17人、教員2人で江田島宿泊研修を行いました。
今回の活動目標は、
「大自然の中で豊かな発想を発動させグループダイナミックスの作用で楽しく学び合い、個人では成し得えることのできない成果と達成感を得ることができる」というものでした。

 

%e2%91%a0

 

自己紹介とカプラの様子

自己紹介とカプラの様子

まず木製ブロック・カプラ(魔法の積み木)を使って、チームワークを高めるために高さ比べとナイアガラの滝を作りました。ナイアガラの滝では積み上げ方を間違えて倒れないというハプニングがありましたが、全く倒れないナイアガラの滝に笑いが起こるなど、和気あいあいと楽しみました。

 

模造紙にまとめている様子

模造紙にまとめている様子

続いて、大崎上島と豊島に分かれて取り組んだ「島の魅力ワーク」では、4年生のリードで全員が積極的に発言。
それぞれが事前に調べてきたことについて話し合ったり、実際に島に訪れた人の意見を聞くことで新しい発見があり、充実したワークショップになりました。

 

ウミホタルを待っている様子

ウミホタルを待っている様子

そのあとは夜の海でウミホタル観察。ウミホタルが瓶の中に入るととても綺麗で、瓶に入るのを待つ間もメンバーと交流を深めました。

 

発表の様子

発表の様子

2日目は、島の魅力ワークの完成、ラベルワーク最終発表会を行いました。
ラベルワークは大崎上島と豊島のチームで「大学生が島のためにできること」をテーマにそれぞれが書いたラベル(1人3枚)について話し合いました。初日と同様、参加者全員が積極的に発言し、盛り上がりました。ラベルワークによって導かれた作品の最終タイトルは、それぞれ「みかんで繋ぐ大崎上島の笑顔~私たちができること~」「~いま私たちにできること~豊島編」でした。質疑応答では積極的に質問が出たり、模造紙や発表についての感想意見が出たりと、最後まで良い雰囲気で行うことができました!

 

【記事作成】
伊藤日向未、安宗彗里奈(看護学科2年)、服部千寿生(看護学科1年)

△Pagetop