2017年08月07日

楽しいレクリエーションで一緒に遊ぼう
~「わくわくこどもフェスティバル」開催~

医療福祉学科生は7月22日、地元・黒瀬町の5つの住民自治協議会とともに、
地域のあり方を考える「地域がキャンパス in 黒瀬」において、
「わくわくこどもフェスティバル」を開催しました。

同フェスティバルでは、乳幼児を対象に親子で楽しめる企画と、
小学生が体を動かして遊べる企画を学生が準備。
乳幼児向けには、おさかなの絵にカラフルなシールを自由に貼って、
親子で一緒にドレスアップさせる「さかなのドレス」や
「えほんのよみきかせ」を実施しました。
また、小学生低学年から高学年まで一緒に楽しめるよう、
ゲームの種類やルールを工夫。
的の大きさや場所によって違う配点で得点を競う『ダンボールシュート』、
釣竿で魚の絵に付いたクリップを狙う『さかなつり』など、
力任せにやるだけでは上手くいかないゲームに、
学年にかかわらず楽しみながらチャレンジしていました。

赤・青・黄の魚にシールを貼ってドレスアップ

学生による「えほんのよみきかせ」

高得点を目指してボールを投げる児童

クリップ目がけ集中して釣竿を下ろします

リーダーを務めた田坂僚子さん(3年)は、
「限られた時間と予算の中で大変でしたが、
子どもたちが好む遊具のデザインや色彩など、細部にこだわって作りました」
と振り返ります。
普段は高齢者福祉を中心に学んでいますが、
どうしたら楽しんでもらえるかを一番に、
レクリエーションなどを考える点では「子どもも高齢者も同じ」と、田坂さん。
表情や行動に、面白いかそうでないかが素直に表れる子どもたちに、
新たな学びや気付きがありました。

「地域がキャンパス in 黒瀬」では今後、
10月29日の黒瀬町健康福祉まつりに参加し、
イベントを盛り上げます。

広報室