2017年08月26日

アジア諸国の介護・福祉人材を指導できる日本人指導者養成プログラムを開始

本学アジア介護・福祉教育研修センターは8月19日、20日、
日本の介護・福祉現場で働く外国人や技能実習生に日本式介護を指導できる、
日本人指導者向け養成プログラムをスタートしました。

急速な高齢化によりアジアで初めて介護保険を導入し、
介護福祉士の資格制度を立ち上げた日本は、いわば介護先進国。
現在、介護事業者は高齢化が進むアジア諸国で、
日本式介護を広める活動を展開しています。
一方、2016年11月に外国人技能実習制度に介護職種が追加されるなど、
国内においても介護・福祉分野の国際交流が進んでいます。

こうした現状を受け本プログラムでは、
アジア諸国と日本の生活文化の違いや、
それが介護に及ぼす影響を理解したうえで、
最新の日本式介護の技能、教育方法を教授し、
国際的な視野を持った外国人への指導者を養成します。

研修は、中国、インドネシア、フィリピンの現状や
生活文化に詳しい講師による講義からスタート。
各国の独特な風習や人々の生活に関する話があり、
「知っている、共感することで歩み寄ることができる」
「距離の縮め方を自分なりに考えて、努力することが大切」
など異文化理解に必要な姿勢が示されました。
その後、これらの国々にベトナムを加えた中から、
受講者がグループに分かれてそれぞれ関心のある国を決め、
図書館の文献やインターネットで調査し、発表を行いました。

受講者からの質問も多く和やかな雰囲気で講義が進行

持ち寄った情報を基に議論する受講者ら

 

同センター設立に尽力した久保田トミ子副学長(医療福祉学部長)は、
「介護は生活支援。生活文化への理解なくして成立しない。
受講者には本プログラムを通してアジア諸国への理解を深め、
日本式介護を指導できるリーダーとして現場を牽引してほしい」
と期待を寄せます。

本プログラムは引き続き9月に2回、10月に3回実施し、
受講者は段階的に学びを深めます。

広報室