2017年12月06日

子育て応援イベント「こども未来フェスタin黒瀬」を本学で初開催
~日々の学びを生かした学生の取り組みが充実~

11月19日、本学東広島キャンパスにて、
“子育てするなら東広島”をスローガンに掲げる東広島市と、
子育て応援イベント「こども未来フェスタin黒瀬」を開催しました。
およそ1,300人と多くの来場があり、
親子が一緒に学んで、遊んで、体験する1日となりました。

開会の挨拶行う藏田義雄東広島市長

黒瀬児童館 和太鼓クラブによる演奏で盛り上がる会場

同フェスタは、昨年、同市の西条駅近辺で開催された
イベントに続く第2回目で、本学では初開催になります。
広域にわたる同市において、
毎年会場を固定せずに各地域において実施することで、
できるだけ多くの子育て世代を応援したいという思いに、
同市黒瀬町にある本学が真っ先に応え実現しました。

メイン会場となった2号館8階に多彩なブースが並ぶ中、
本学の学生も日々培ってきた専門知識や技術を生かしたブースを展開。
義肢装具学専攻の学生は、足で踏んだ部分をインクで浮かび上がらせて、
足裏にかかる力の配分を測定するフットプリンターを活用し、
歩くときの体重のかけかたなど具体的なアドバイスを行いました。
また医療福祉学科の学生は、レモングラス、ラベンダー、ゼラニウムと、
3種類のアロマハンドマッサージで来場者を癒しました。

足裏の力配分の測定結果を基にアドバイスする学生

アロマの香りと対話で来場者にリラックス効果を

さらに3号館1階ではアダプテッド・スポーツ・クラブのメンバーが、
東京パラリンピック公式競技のボッチャ体験会を実施。
アダプテッド・スポーツとは、
子どもから高齢者、障害者まで幅広く楽しめるスポーツのことで、
このスポーツの魅力を知ってもらおうと活動する同クラブが企画しました。
目標の白球めがけて赤と青それぞれ6個の球を投げたり転がしたりして、
目標球からの距離を競うボッチャは親子でも気軽に楽しめ、
歓声を上げる姿がありました。

イベント全体の運営をサポートした心理学科の学生約50人は、
会場内や駐車場、エレベーター前など各所に人員を配置し、
最後まで安全な運営を実現しました。

ボッチャを一緒に楽しむ親子

受付から案内・誘導と学生スタッフが活躍

本学の学生は将来、専門職業人として
健康・医療・福祉の分野で人々を支えていきます。
今回、地域の親子に対して発揮した知識や技術は、
学生にとって確かな手応えとなりました。

広報室