学部案内

Outline

ディプロマポリシー

総合リハビリテーション学部 リハビリテーション学科

理学療法学専攻

臨床における実践能力を備え、日本の理学療法をリード

  • 1)豊かな人間性と倫理観を備え、あらゆる人々の心と体の回復を支えることを喜びとすることができる。
  • 2)医療の進歩に対応できる多様なリハビリテーション技術を総合的に提供できる。
  • 3)基礎的な医学の知識を身につけ理学療法士としての診断と治療の技術を修得している。
  • 4)理学療法に関する知識や技術を社会において応用・発展させる能力を身につけている。
    • ①社会の様々なニーズに柔軟に対応できる。
    • ②医療サービス対象者のことを第一に考え、医療チームの一員として他の専門職と協働できる。
  • 5)地域の健康、医療、福祉に貢献できる能力を備えている。

作業療法学専攻

脳科学を熟知した社会復帰のスペシャリストに

  • 1)豊かな人間性と倫理観を備え、あらゆる人々の心と体の回復を支えることを喜びとすることができる。
  • 2)医療の進歩に対応できる多様なリハビリテーション技術を総合的に提供できる。
  • 3)基礎的な医学の知識を身につけ作業療法士としての診断と治療の技術を修得している。
  • 4)作業療法に関する知識や技術を社会において応用・発展させる能力を身につけている。
    • ①社会の様々なニーズに柔軟に対応できる。
    • ②医療サービス対象者のことを第一に考え、医療チームの一員として他の専門職と協働できる。
  • 5)地域の健康、医療、福祉に貢献できる能力を備えている。

言語聴覚療法学専攻

人を理解し、コミュニケーション行動を改善する専門家

  • 1)豊かな人間性と倫理観を備え、あらゆる人々の心と体の回復を支えることを喜びとすることができる。
  • 2)医療の進歩に対応できる多様なリハビリテーション技術を総合的に提供できる。
  • 3)基礎的な医学の知識を身につけ言語聴覚士としての診断と治療の技術を修得している。
  • 4)言語聴覚療法に関する知識や技術を社会において応用・発展させる能力を身につけている。
    • ①社会の様々なニーズに柔軟に対応できる。
    • ②医療サービス対象者のことを第一に考え、医療チームの一員として他の専門職と協働できる。
  • 5)地域の健康、医療、福祉に貢献できる能力を備えている。

総合リハビリテーション学部 リハビリテーション支援学科

義肢装具学専攻

こころで作る。技術で支える。世界のために

  • 1)命の尊さを大切にするための「医の心」と「ものづくりの技術」を身につけ、利用者のニーズに適確に応える能力を修得している。
  • 2)基礎的な医学と工学の知識を身につけリハビリテーション支援における課題を科学的、論理的に解決する技術を修得している。
  • 3)リハビリテーション支援に関係するものづくりの技術を中心に、関係する他の専門職者と協力しながら問題を解決できる。
  • 4)地域の医療、福祉に貢献できる能力を備えている。
  • 5)生涯にわたり、その時代の社会の必要性に応じて学んだ知識や技術を応用し発展させる能力を身につけている。
PAGE TOP