リハビリテーション支援学科
義肢装具学専攻

工学の知識と技術で、義肢装具のあらゆる可能性を拓く。

義肢装具学専攻の特徴

義肢装具学専攻とは

障がいや怪我、高齢のために苦しむ方々の暮らしを、支援用具づくりの面から支援し、チーム医療に貢献できる人材の育成をめざします。

リハビリテーションは、動かなくなった手を動くようにするといった「単なる機能の回復」ではなく、たとえ方法は変わっても、その人が大事にしたい「生き方を回復する」ことを意味します。

リハビリテーションには、人による支援だけでなく、物による支援も必要です。

例えば入院生活を送っていた人が自宅に戻るには、身体の機能回復をサポートするリハビリテーション機器や、移動や食事、排泄など生活行動を助ける補助装置や、住宅改造、場合によっては失った手や足の代わりとなる義手や義足なども、家族や友達と交流するため、趣味や仕事に復帰するための大事な「人生の一部」になるのです。

リハビリテーション支援学科では、工学の専門知識と技術を学び、支援を必要とする人に寄り添う豊かな教養と人間性を身につけて、医療・福祉の幅広い分野で活用する人材の育成をめざします。

高齢化や障がい者の社会参加が進む、現在の日本では、リハビリテーション工学や義肢装具学を学んだ人たちが、産業界で商品開発に関わることが切望されています。

 

(左)2008年 北京パラリンピックでの活動(右)2012年 ロンドンパラリンピックでの活動


最新トピックス

パラリンピックに参加します。

義肢装具士でもある、本学科の月城教授が、修理チームのメンバーとして、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックに参加します。2週間、選手村に泊まり込み、朝の8時から夜11時まで、各国から集まったスタッフが2交代で、文字通り「てんてこまいになりながら」修理や調節を行います。

「パラリンピックの熱気とアスリートのすばらしいパフォーマンスは本当にすごいですね!実は舞台裏の選手村でも熱気があふれているのですよ。国際的義足パーツメーカー・オットーボック社(本社ドイツ)が公式スポンサーとして選手村に修理センターを設置し、世界各国からスタッフを集めて行う修理サポートは大変な忙しさとなります。開催期間中の修理件数は2,000件を超えます。この活動に広島国際大学を代表して参加します!報告を楽しみにしていてください。(月城慶一)」

学内実習が軌道に乗ってきました。

2年生、3年生の福祉用具の基礎、福祉用具や装置が利用者に合っているかどうかを調べる計測技術、各種義肢・装具製作などの実習をしています。

 

2年次「福祉用具支援演習」高齢者模擬体験と杖の評価 3年次「義肢Ⅲ実習」四辺形ブリム(大腿義足装着部分の一種)を製作


義肢装具学専攻

義肢装具士として、事故や病気で身体に障がいのある方、一人ひとりのニーズに合わせて、失った運動機能を補い、残存する運動機能を活かすための義肢(義手、義足)や装具(コルセット、サポーター、インソールなど)を作り、その人らしい自立した生活を支援する人材を目指します。

義肢装具を作製するだけでなく、失われた機能の本質をとらえて人間と生活環境の橋渡しができる義肢装具の専門知識と技術の修得をめざします。スポーツ義足やペット義肢装具などへの関心も高まり、専門的な技術はもちろん、相手を思いやる心も重視されます。国家試験合格により「義肢装具士」資格が取得できます。

PAGE TOP