ニュース&トピックス

FM東広島「広国PARK」(2020年6月18日放送分)の内容をレポート!!~広国PARKメンバーの自宅待機中の過ごし方~

2020年7月2日

FM東広島(89.7MHz)で、広島国際大学が送るラジオ番組「広国PARK」。

学生がラジオ番組の制作に関わることで、
地域への情報発信によるコミュニケーション能力の向上を目指すとともに、
自分たちが学ぶ地域への関心を持つ機会の提供、
そして、東広島市に根ざした大学として地域への貢献を目指しています。

心理学科の学生が取材を通して番組を制作し、
毎週木曜日19時から24分間お送りする生放送の番組ですが、
新型コロナウイルス感染の影響により隔週木曜日19時から25分間の録音放送番組になっています。

6月18日(木)は、心理学部の学生が4人で放送しました。

放送トピックは、
「広国PARKメンバーの自宅待機中の過ごし方」についてでした。
新型コロナウイルス感染予防のため、なかなか外に出られない今
どのように過ごしているのか、広国PARKメンバーに聞いてみました。

心理学科2年生イカちゃんこと井原さんは、
これまでに忙しくて読めていなかった本をこの時期に読んだり猫と遊んだりしているらしいです。
私も家で猫を飼っているのでこの自宅待機中よく遊んだり一緒に寝たりしてます。

次に、心理学科2年生ワダリュウこと和田くんは、
トランペットでアドリブソロを吹いているらしいです。
私も元吹奏楽部だったので楽器をしたことあるのですが、
自宅待機中の過ごし方で楽器のアドリブソロはなかなかすごいと思いました。

最後に、心理学科3年のとみみんこと富田さんは、
趣味の手芸をしていて、イヤリングやネックレス、ペストマスクなどいろいろ作っているらしいです。
個人的に聞いて一番びっくりしました。富田さんとは同じゼミなのですが、ゼミのとき作ったペストマスクをみることがあってみたのですが完成度すごかったです。

その他放送メンバーもいろいろな自宅待機中の過ごし方をしていてかなり面白かったです!

今回出演した心理学科3年生塩出さんは、
「この度の放送では2年生のやーちゃんが初メインということで初々しさいっぱいでした。あと、広国PARKメンバーの自宅待機中の過ごし方が十人十色でみんな思い思いに過ごしてるんだなと聞いてて面白かったです!」と感想を述べてくれました。

今回の放送は、私にとって初の収録放送でパソコンや電波状況などトラブルが多々ありましたが無事収録ができ放送をお届けすることができて良かったです。
まだまだ、収録放送は手探り状態ですが、リスナーさんの皆さんに放送がお届けできるようもっと頑張りたいと思います!

次回7月2日の放送では、
「リモート授業制作中の先生方の苦労・裏話について」を上げる予定です。
ぜひお聞きください!


↑今回の放送メンバー集合写真

心理学科3年生 安達南

前回の記事(バックナンバー)

FM東広島「広国PARK」(2020年6月4日放送分)の内容のトイレットペーパーパニックを紹介~

ページのトップへ戻る