1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

大学院・専攻科

看護学専攻

看護研究科の研究方針
少子高齢社会の到来、疾病構造の変化、医療技術の進歩などに伴い、保健・医療、福祉に対する社会の二ーズが高まり多様化しています。こうした期待に応えるために、質の高いケアを実践できる看護職の育成が求められています。 本看護学研究科では、看護学の専門性を高め、QOLの視点から対応できる実践能力、教育指導能力看護研究能力を高め、根拠に基づいた看護学を展開できる高度看護実践者、看護管理者、看護学教育者、看護学研究者を育成します。
教育課程の編成の基本的な考え方
本研究科の教育課程は、「看護基礎科学領域」と「看護実践科学領域」に分かれています。
「看護基礎科学領域」においては、看護専門職として必要な資質や知識や技術のほかに、看護教育、看護研究、看護管理、国際的視野などの育成のために、看護学の基盤となる知識を修得できるよう「看護教育学特論」「看護理論特論」「看護研究方法論特論」「看護情報学特論」「看護倫理学特論」「看護管理学特論」「国際看護学特論」の授業科目を編成しています。
「看護実践科学領域」においては、「基礎看護学」、「成人・老年看護学」、「母子看護学」、「地域看護学」の4分野を設けています。このほか、学際的な視野と知性を育てるために、必要に応じて、総合人間科学研究科の授業科目の履修も認め、修了に必要な単位数として6単位まで算入することが可能です。
専門実践の基礎となる科目、修士論文作成に必要な科目を2年間で計画的に履修し、担当教員の指導のもと、計画的に研究を進め、修士論文を完成させます。
看護学研究科の履修モデル
看護学研究科の履修モデル図

最終更新日:2008年9月30日