1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

在学生の方へ

授業について(休講・補講)

各授業科目については、各年次ごとに授業時間割が編成され、2年次以上は毎学年度始めに行われる履修ガイダンスで各自に配付されます。履修ガイダンスについては、掲示板で連絡しますので、注意して掲示板を見てください。
本学では、1年次生の授業は一部モデルコース制をとっており、授業時間割表に指定されているとおり授業を受けることになっています。また2年次生以上の学生は、各人の学修進度内で、自己の選択により授業科目を履修します。

授業時間

キャンパス1時限2時限3時限4時限5時限
東広島・呉・広島 9:00~10:30 10:40~12:10 13:00~14:30 14:40~16:10 16:20~17:50

(注)授業時間の各時限(1つの時限を通常1コマといいます)は、単位計算の上では、2時間として扱います。

自然災害時等の授業措置について

昨年度の災害から、新たに自然災害時の授業措置について下記のとおり定めました。学生のみなさんは、下記基準から各自で休講の有無を判断し、安全第一の行動をお願いします。なお、大学ホームページ、ポータルサイトのお知らせでもお伝えします。

 

1.判断基準とする警報等について
・広島市、東広島市、呉市、安芸郡(府中町、海田町、熊野町、坂町)のいずれかに特別警報(大雨、大雪、暴風、暴風雪、波浪、高潮)もしくは警報(大雨、洪水、大雪、暴風、暴風雪)のいずれかが発令された場合、また、上記地域のいずれかに警戒レベル3以上が発令された場合は、下表の判断とします。

  

2.休講判断について

  判断時刻 状況 休講の有無
通学前

午前

 6時

上記1の警報等が発令されている場合。 午前休講
(1~2時限)

午前

10時

終日休講
(3~5時限)
通学後 随時 通学後に上記1の警報等が発生した場合は、学生の帰宅を勧める。天候や学生の帰宅場所によっては、校舎内への避難も促す。 警報等発令時以降の授業は休講とする。

※事前に災害が予想される場合については、前日に判断する場合もあります。

 

 

3.上記以外の災害等による休講について

・JR山陽本線、呉線が午前6時の時点で運休しており、再開の見込みがない場合、午前中休講とします(午後の授業については、午前10時の時点で判断する)。
震度5強以上の地震が広島県で発生した場合、終日休講とします。なお、大津波警報、津波警報が発令された場合は、高台などの安全な場所に避難してください。

   

4.学生自身の安全に関わる欠席について
  上記の休講基準に当てはまらず、授業を行う場合においても、学生自身の居住場所等により、安全を確保できない場合は、無理に登校しないでください。なお、その場合は必ず授業開始までに下記のメールにて必要事項を記載の上、教務課(広島キャンパスにおいては医療経営学部事務室)に連絡してください。欠席した場合、成績等に不利益が生じないよう対応することになります。対応については必ず授業担当教員に学生各自で確認してください。

 

【メールアドレス】

 東広島キャンパス所属学生 HIU.Kyomu@josho.ac.jp
 呉キャンパス所属学生   HIU.Kyomu.k@josho.ac.jp
 広島キャンパス所属学生  HIU.Mbu@josho.ac.jp

【必要事項】

  ① 学生番号、氏名
  ② 欠席する日
  ③ 欠席する授業科目名
  ④ 欠席理由

休講

(1) 事前に授業担当者から休講の連絡があった授業科目については、教務課(東広島・呉キャンパス)・医療経営学部事務室(広島キャンパス)の掲示板に掲示します。また、学内ポータルサイトでも休講情報が閲覧できます。

(2) 授業担当者から休講の連絡がないために掲示できない場合が稀にありますが、授業開始後40分以上経過し、なおかつ授業担当者が教室に出向かない場合は、「自然休講」とします。

※予め連絡がなく授業が行われない場合は教務課(東広島・呉キャンパス)・医療経営学部事務室(広島キャンパス)まで申し出て確認してください。

補講

補講とは、休講等に対する措置として、平常授業を補うために行っている授業です。補講の期間については、前・後期授業終了後に一定の期間を設けていますが、その他に臨時に行われることもあります。

期間外講義

通常の授業日以外(土曜日や休暇期間中等)の日時に開講する授業のことです。

最終更新日:2019年7月4日