1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

大学紹介

キャンパスの歴史を振り返る


東広島キャンパス
1998年開学当初の広島国際大学を望む。1棟の校舎(1号館)と体育館、そして2棟の学生寮(A棟・B棟)から本学はスタートしました。
体育館(左)、1号館(右) 学生寮A棟・B棟



本学の付近一帯を望む。大学を設置したエリアは、当初は山林でした。

    出典:
(左)国土地理院ウェブサイト(http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=102942)
    ※拡大・図形挿入加工
(右)Google 画像 ©2017 CNES/Airbus、Digital Earth Technology、DigitalGlobe、地図データ ©2017 ZENRIN



今では3棟の校舎、講堂、体育館、クラブハウス、そして6棟の学生寮を構える東広島キャンパスで、約2,300名の学生が勉学に励んでいます。

呉キャンパス
呉キャンパス開設以前の風景を望む。開設直前には近畿大学の校舎がありました。
昭和23年
(出典:オールドデイズ 懐かしい広町・広商店街 あの時 あの頃)
昭和24年
(出典:オールドデイズ 懐かしい広町・広商店街 あの時 あの頃)

 

昭和30年代
(出典:オールドデイズ 懐かしい広町・広商店街 あの時 あの頃)
近畿大学の校舎
(現在の本学5号館(左)、4号館(右・解体済))

 

 

 2002年の呉キャンパス開設に向けて進められる工事を望む。
 

薬学部設置と合わせて6号館(写真左)を新築する等の整備を進め、現在では5棟の校舎、体育館、クラブハウス、そして3棟の学生研修棟を構える呉キャンパスで、約1,500名の学生が学んでいます。



そして未来へ向けて、本学に関わる全ての人達がともに学び合える場、「ユニバーサルキャンパス」の実現を目指し、キャンパス整備を進めていきます。

最終更新日:2019年7月30日