1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 WebOpenCampus

大学紹介

 

カリキュラム・ポリシー

 広島国際大学における教育では、「命の尊厳と豊かな人間性」を基本理念とし、この理念の追求に基づき、大学に関わる全ての人びとが「ともにしあわせになる学び舎」の実現を目指します。この目的のため、本学のディプロマ・ポリシーに掲げた、新しい時代を牽引する専門的な知識と技術を修得し、健康・医療・福祉の分野において活躍しうる職業人を地域・社会とともに育成します。さらに学部・学科を超えた幅広い学問領域を横断的に学び、あらゆる組織や場面で活躍できる能力を修得します。そのための教育カリキュラムとして、本学では以下の3つの科目群を配置します。
(1)「専門教育科目」群
 健康・医療・福祉に関わる分野で実践的な技術をもった専門職業人を育成するための科目群です。学部・学科が定めた専門教育科目を基礎的な科目から卒業研究へと体系的に学び、学士として必要な専門分野の知識・技術を身につけます。
(2)『スタンダード科目』群(全学生が必修科目として学びます)

「アカデミックリテラシー」(日本語および科学リテラシー):大学や社会生活に必要な日本語、数理的思考能力や学修に望む態度・姿勢などを学びます。
「チュートリアル」:少人数による問題解決型演習を通じて学び方について学びます。

「英語コミュニケーション、英語リーディング」:グローバル社会で活躍する職業人として必要なコミュニケーション能力を修得します。
「デジタルコミュニケーション、データサイエンス」:現代社会で活躍する社会人や職業人に必要な情報技術・知識を修得します。
「スポーツ学、スポーツ実習」:健康で豊かな生活を送るために必要な運動技術・知識を修得します。

「専門職連携基礎演習」、「専門職連携総合演習」:スタンダード科目の中心をなす学部・学科の枠を超えて学ぶ科目です。在学中にわたって自らの職業だけでなく、他職種についての理解を深め、専門職の連携について実践的に学びます。
「地域創生と危機管理」:大学で学んだ自らの知識・技能を地域貢献に活かし、また有事の際に主体的に行動できる人材となるための科目です。

これらのスタンダード科目では、主体的・対話的で深い学びを通して、自らの成長を実感できる教育を行います。

 

(3)『オプション科目』群

健康・医療・福祉分野の職業人としての人格形成を目的として、主に「人間と文化」、「人間と社会」、「人間と自然」の3つの領域について、大局的視野を身につけます。
「命の尊さを理解し、ひとを思いやる豊かな人間性」を育むための必須となる科目群です。

① ベーシック
 幅広く深い教養、総合的な判断力、豊かな人間性を涵養することを目的としています。
② アドバンスト
 ベーシックで学んだ内容をさらに発展させる科目群で、卒業までの必要な時期に学んで行きます。

学部・学科のカリキュラム・ポリシー

保健医療学部診療放射線学科医療技術学科救急救命学科

総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科
看護学部看護学科
薬学部薬学科

健康科学部心理学科医療栄養学科医療経営学科医療福祉学科
健康スポーツ学部健康スポーツ学科

 

学部・学科カリキュラム・ポリシー
保健医療学部
診療放射線学科

診療放射線学科の教育研究上の目的は急速に高度化・専門化する放射線診療に対応でき、さらに、人間性を尊重し、心豊かな医療人としてチーム医療で活躍できる診療放射線技師を育成することです。この目的を達成するために次のようにカリキュラムを編成します。

①病む人の気持ちを理解し、様々な職種の人たちとチームとして診療に関わるための意識を身につけます。そのために必要なコミュニケーションスキルや様々な立場の人たちとの接し方も、日々の学修、アクティブラーニング、実習・演習などを通して身につけます。

②チーム医療の現場で必要な医学的知識、放射線診療に必要な知識とスキルを身につけます。さらに、日々の学修の中で自ら課題を見つけ出し、他の人と協働してその解決を図る習慣を身につけます。

③日々進歩する医療を提供するために、最新の医療技術を確実にキャッチアップするための知識・スキルを身につけます。

医療技術学科
臨床工学専攻

教育研究上の目的は、医療を担える人間性を備え人の役に立とうとする高い志を持ち、日々進歩する臨床工学を学び研究し続けながら医療機器の技術と管理のスペシャリストである臨床工学技士を養成することです。この目的を達成するために必要なカリキュラムを編成します。

1)初年次の「専門職連携基礎演習Ⅰ・Ⅱ」では、医療に携わる上での人間性や職務意識など医療職共通の認識を深め、チームとして協働・連携するためのコミュニケーション能力を育みます。

2)初年次から2年次前期の専門基礎科目では、臨床工学技士に必要な基礎医学と工学の基礎学力を育み、「早期体験演習Ⅰ・Ⅱ」では、目標とする臨床工学技士について自分で説明できるようになることを目標にグループ学修や病院見学を実施し、早期から修学意欲を高めることで自己の職業観を養います。

3)2年次後期から3年次では、「生体計測技術学」、「医用治療機器学」、「呼吸療法技術学」、「血液浄化技術学」、「体外循環技術学」、「機器安全管理学」等の専門科目について学内実習と並行して学修し、臨床工学技士としての専門的知識と技術の基礎を固めます。

4)これらの専門基礎・専門科目の学修は、3年次前期での「第2種ME技術実力検定試験の合格」、それ以降では3年次後期から4年次前期の臨床現場で実践的に学ぶ「臨床工学実習の充実」を目標として、それぞれ最大限の成果が上がるように「臨床工学演習Ⅰ・Ⅱ」を配置して修学の充実を図ります。

5)卒業研究では、これまでの学修の延長線上にある未知や問題の解決を図ることを目的に調査や実験を行い、得られたデータをもとにその成果を口頭や論文として報告することにより論理的な展開能力を身につけます。3年次より卒業研究を導入し、4年次後期では卒業論文を完成させます。

6)2年次から4年次の「キャリア支援Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」では、就職活動に必要なコミュニケーション力やマナーなどのスキルを修得し、社会人としての能力を身につけます。

7)2年次から3年次後期の「臨床工学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」では、資格試験や国家試験の合格に向けて早期から学修し、4年次後期の「ME演習」、「臨床工学演習Ⅳ」で4年間の学修の統合を図ります。

医療技術学科
臨床検査学専攻

教育研究上の目的は、急速に高度化・専門化する臨床検査領域に対応でき、さらに、人間性を尊重し、心豊かな医療人としてチーム医療で活躍できる臨床検査技師を育成することです。この目的を達成するために以下のカリキュラムを編成します。

1)初年次から始まる専門職連携教育を通じて、臨床検査技師としての倫理観および職業観を養い、高いモチベーションで学び続ける姿勢およびチーム医療に必要な協調性とコミュニケーション力を育みます。オプション科目では個々の豊かな人間性と多様な教養を身につけ、広い視野をもった社会人となるよう取り組みます。また、少人数教育であるチュートリアルでは、様々なテーマにつき問題提起、調査、討論などを行ない、自ら学ぶ姿勢を育むとともに、親密な人間関係を構築します。

2)初年次から2年次にかけて学ぶ専門基礎科目を通じて、臨床検査技師に必要な人体構造学、生化学などの基礎医学を学び、2年次以降の専門科目では、病理組織細胞学、臨床血液学、臨床化学、臨床微生物学、臨床生理学などの専門知識と検査技術を修得していきます。さらに、4年次の臨地実習を通して実践能力、命の尊厳を基とした医療人としての人間性を育みます。

3)4年間の学修の集大成としての卒業研究では、専門職業人として必要な、問題解決力、情報発信力をつけることで、卒業後も学び続ける姿勢を培います。

救急救命学科

教育研究上の目的は急速に高度化・専門化する救急の現場に対応でき、さらに、人間性を尊重し、心豊かな医療人として規律をもって活躍できる救急救命士を育成することです。この目的を達成するために以下のカリキュラムを編成します。

1)初年次から始まる専門職連携教育を通じて、救急救命士としての倫理観および職業観を養い、高いモチベーションで学び続ける姿勢およびチーム医療に必要な協働能力を育みます。またスタンダード科目とオプション科目では、個々の豊かな人間性と自主的に課題発見、探求する姿勢を育みます。

2)初年次から2年次にかけて学ぶ専門基礎科目を通じて、救急救命士に必要な人体構造や生理、病理など医学分野の基礎学力を育み、さらに2年次以降の専門科目では、救急現場活動や災害システム、救急症候・病態生理、外傷救急の各分野について学びます。

3)全学年に配当されている実習科目を通じて、救急救命士に必要な技術の修得を目指します。初年次から2年次に行う救急救命処置実習では、救急救命士として必要な観察・処置技術の基礎を、3年次に行う救急救命高度実習では、救急救命士が医師の指示を得て行う医療行為(特定行為)を修得し、4年次の救急救命総合実習では救急現場活動で必用な実践能力を修得します。さらに、学外実習として救急システム実習Ⅰ・Ⅱ(消防署見学、防災訓練参加)、Ⅲ・Ⅳ(救急車同乗実習、病院実習)を通じて救急災害医療に携わる医療関連従事者の役割について学びます。

4)4年間の学修の集大成としての卒業研究では、専門職業人として必要な問題解決力や情報発信力を、さらに就職試験(公務員試験)、国家試験合格に向けた知識・能力を身につけます。

総合リハビリテーション学部

リハビリテーション学科

理学療法学専攻

教育研究上の目的は今後の社会変化や医療技術の進歩にも確実に対応できるような人材を育成することです。具体的には多様なリハビリテーション技術を、幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力を用いて総合的に提供でき、さらに、対象となる人々への深い人間愛や関係職種との協調性など、豊かな人間性を持つ専門職業人を育てます。この目的を達成するために、以下のカリキュラムを編成します。

1)基礎学力の充実
一般教養も含めたオプション科目、基礎医学や関連領域に重点を置くことにより、専門教育科目の修得のための基礎を築きます。またこれらの基礎学力を養うことで自己学修の能力を拡大し、能動的学修習慣を身につけます。

2)専門教育科目の充実
確固とした基礎学力を基盤に、柔軟な応用力をもった専門職能力を付けます。理学療法士としての誇りや喜びを感じられる教育が受けられます。

3)社会に対応できる能力の養成
コミュニケーション能力は医療・福祉において患者や利用者の状況把握や治療・福祉用具の適合のためにも必須であることはもとより、的確なチームアプローチを行うためにおいても重要です。チュートリアル教育においてグループワークを推奨することによりこれらの能力を向上させます。また演習、実習等でグループ学修を多く取り入れ、コミュニケーション能力を高めるとともに能動的な学修習慣を身につけます。礼儀や挨拶などの躾けも各専門科目や実習科目の中で十分に取り入れます。また問題発見能力や解決能力の育成を重視します。これらの能力は主に卒業研究や学外臨床・臨地実習で培われます。

4)協働できる理学療法士の育成を意識した編成
リハビリテーション医療は医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、ケースワーカー、ケアマネージャー等と協働して行うことにより、はじめて適切なサービスが提供できます。そのため他職種と積極的に連携できる理学療法士となれるようにカリキュラムを編成しています。学部・学科を超えて他職種と連携し医療・福祉を考える教育として、IPE(専門職連携教育)を導入しています。

5)社会をリードする人材の育成
理学療法士の活躍の場は医療現場だけでなく施設・在宅または広く地域を対象とした保健・福祉活動、また、各種スポーツに対するコンディショニングなどと広がっています。これらの理学療法士に対するニーズに対応できるよう専門領域のみならず広く社会に視野を向け、創造できる人材の育成も目指します。そのために、地域との交流をはじめ、学部・学科をまたいだ研究室の交流などにより、広く関連分野の進歩に貢献できる卒業研究の発展を促します。さらに海外研修などを通じて海外との交流を推進します。

リハビリテーション学科
作業療法学専攻

教育研究上の目的は今後の社会変化や医療技術の進歩にも確実に対応できるような人材を育成することです。具体的には多様なリハビリテーション技術を、幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力を用いて総合的に提供でき、さらに、対象となる人々への深い人間愛や関係職種との協調性など、豊かな人間性を持つ専門職業人を育てます。この目的を達成するために、以下のカリキュラムを編成します。

1)基礎学力の充実
一般教養も含めたオプション科目、基礎医学や関連領域に重点を置くことにより、専門教育科目の修得のための基礎を築きます。またこれらの基礎学力を養うことで自己学修の能力を拡大させ、能動的学修習慣を身につけます。

2)専門教育科目の充実
確固とした基礎学力を基盤に、柔軟な応用力をもった専門職能力を付けます。作業療法士としての誇りや喜びを感じられる教育が受けられます。

3)社会に対応できる能力の養成
コミュニケーション能力は医療・福祉において患者や利用者の状況把握や治療・福祉用具の適合のためにも必須であることはもとより、的確なチームアプローチを行うためにおいても重要です。チュートリアル教育においてグループワークを推奨することによりこれらの能力を向上させます。また演習、実習等でグループ学修を多く取り入れ、コミュニケーション能力を高めるとともに能動的な学修習慣を身につけます。礼儀や挨拶などの躾けも各専門科目や実習科目の中で十分に取り入れます。また問題発見能力や解決能力の育成を重視します。これらの能力は主に卒業研究や学外臨床・臨地実習で培われます。

4)協働できる作業療法士の育成を意識した編成
リハビリテーション医療は医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、ケースワーカー、ケアマネージャー等と協働して行うことにより、はじめて適切なサービスが提供できます。そのため他職種と積極的に連携できる作業療法士となれるようにカリキュラムを編成しています。学部・学科を超えて他職種と連携し医療・福祉を考える教育として、IPE(専門職連携教育)を導入しています。

5)社会をリードする人材の育成
作業療法士の活躍の場は、保健福祉分野から行政、学校教育など広く多様であり、支援対象も身体障害のみならず、精神障害や発達障害、高次脳機能障害や認知症などと広範囲です。これらの作業療法士に対するニーズに対応できるよう、専門領域のみならず広く社会に視野を向け、創造できる人材の育成も目指します。そのために、地域との交流をはじめ、学部・学科をまたいだ研究室の交流などにより、広く関連分野の進歩に貢献できる卒業研究の発展を促します。さらに海外研修などを通じて海外との交流を推進します。

リハビリテーション学科
言語聴覚療法学専攻

教育研究上の目的は今後の社会変化や医療技術の進歩にも確実に対応できるような人材を育成することです。具体的には多様なリハビリテーション技術を、幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力を用いて総合的に提供でき、さらに、対象となる人々への深い人間愛や関係職種との協調性など、豊かな人間性を持つ専門職業人を育てます。この目的を達成するために、以下のカリキュラムを編成します。

1)基礎学力の充実
一般教養も含めたオプション科目、基礎医学や関連領域に重点を置くことにより、専門教育科目の修得のための基礎を築きます。また、これらの基礎学力を養うことで自己学修の能力を拡大させ、能動的学修習慣を身につけます。

2)専門教育科目の充実
確固とした基礎学力を基盤に、柔軟な応用力をもった専門職能力を付けます。言語聴覚士としての誇りや喜びを感じられる教育が受けられます。

3)社会に対応できる能力の養成
コミュニケーション能力は医療福祉において患者や利用者の状況把握や治療・指導のために必須であることはもとより、的確なチームアプローチを行うためにも重要です。チュートリアル教育においてグループワークを推奨することによりこれらの能力を向上させます。また、演習、実習等でグループ学修を多く取り入れ、コミュニケーション能力を高めるとともに能動的学修習慣を身につけます。礼儀や挨拶などの躾けも各専門科目の中で十分に取り入れます。また、問題発見能力や解決能力の育成を重視します。これらの能力は主に卒業研究や学外臨床実習・臨地実習で培われます。

4)協働できる言語聴覚士の育成を意識した養成
リハビリテーション医療は医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、ケースワーカー、ケアマネージャー等の関連専門職と協働して行うことにより、はじめて適切なサービスを提供できます。そのため他職種と積極的に連携できる言語聴覚療士となれるようにカリキュラムを編成しています。学部・学科を超えて他職種と連携し医療・福祉を考える教育として、IPE(専門職連携教育)を導入しています。

5)社会をリードする人材の育成
言語聴覚士の活躍の場は、保健医療衛生福祉分野から行政、保育・教育など広く多様であり、支援対象も言語聴覚障害のみならず、摂食・嚥下障害も含んだ広い範囲です。これらの言語聴覚士に対する多様なニーズに対応できるよう専門領域のみならず広く地域社会に視野を向け、未来を創造できる人材の育成を目指します。そのために、地域との交流をはじめ、学部・学科をまたいだ研究室の交流などにより、広く関連分野の進歩に貢献できる卒業研究の発展を促します。さらに海外研修などを通じて海外との交流を推進します。

リハビリテーション学科
義肢装具学専攻

教育研究上の目的は、より長い期間、心豊かに人生を過ごせるよう、すなわち、健康寿命を延伸できるよう、高齢者や障害のある方の生活自立や生活の質の向上を実現するリハビリテーション支援者として、義肢装具や福祉用具、福祉機器等の幅広い知識を有する豊かな人間味あふれる人材を育成することです。この目的を達成するために、以下のように学科のカリキュラムを編成します。

1)リハビリテーション支援者としての豊かな人間性を育む基礎づくり
スタンダード科目およびオプション科目では、その基礎となる豊かな人間性や社会性、あるいは一人一人が率先して学修に取り組む姿勢、さらに、リハビリテーション支援者としてチーム医療に必要な他の専門職技術者と協働する姿勢や能力を修得します。

2)“医の心”と“ものづくりの技術”を培う福祉のものづくり研究
専門基礎分野において、人間の身体運動メカニズム、疾病について学び、“医の心”、また、社会制度やリハビリテーション理念を段階を踏んで学修します。さらに、ものづくりの基礎となる機械計測や運動機能計測、人間工学、バイオメカニクス学を学修し、機器や環境を改善するための、実験、測定、分析の重要性を実験・実習で体験します。

3)課題解決能力の育成
義肢装具士の役割を理解し、義肢装具の種類と適合判定、制作過程で使用する基本材料や工作機器の特徴や使用方法を学びます。さらに義肢装具の種類に合わせて設定した科目により、臨床や研究上での疑問を科学的、論理的に理解し、問題解決する“福祉のものづくり研究”に取り組むための能力を修得します。

4)少人数教育と現場での活躍支援
現場での活躍を見据え、1年次~4年次すべてに臨床経験を積むための実習(見学実習、臨床実習)を設け、一人一人が学内での講義、演習、実習で得た知識、技能等を臨床の場で生かし、義肢装具の実践的な技術を修得します。
さらに卒業研究では、4年間の集大成として、今までに修得した理論、専門知識をもとに調査・考察を行い、問題を見つけ、分析し研究論文を作成します。

5)専門分野にとどまらない幅広いニーズに対応
「義肢装具」に関する知識だけでなく、「福祉用具、福祉機器」 「人間工学」「ロボット」等の幅広い知識も学修する医工連携カリキュラムにより、「義肢装具士」の国家資格を有するリハビリテーション支援者として、義肢装具の製作販売会社のみならず、県内の高齢者施設、障害者支援施設、福祉用具製造販売会社、ものづくり企業等で活躍することが可能です。

看護学部

看護学科

教育研究上の目的は、『生命の尊重と個人の尊厳を基幹とした、人間性豊かな人格の育成である。看護学に関する専門知識と看護技術、看護職者としての態度を修得し、実践力・応用能力・判断力を養い、医療ニーズの高度化・多様化に伴う社会的要請に対して的確に応えられるよう、広い視野と倫理観を養う。そして、健康・医療・福祉に貢献できる能力と研究心を養い、国内外で貢献できる人材を育成する。』です。この目的を達成するために、カリキュラムを編成します。

 

1)初年次から始まる専門職連携教育を通じて、看護専門職者としての倫理観および職業観を養い、健康・医療・福祉に関わる様々な専門職について学び、チームとして協働することについての理解を深めます。主に1~2年次に学ぶスタンダード科目とオプション科目では、社会人としての常識や幅広い視野を備え、人間と社会を理解することを目標とします。

 

2)主に1~2年次に学ぶ「人体の構造と生理機能Ⅰ、Ⅱ」「臨床病態学Ⅰ~Ⅲ」などの専門基礎科目では、専門科目の理解に必要な幅広い知識を修得します。

 

3)専門科目については、1~2年次に学ぶ基礎看護学系の各科目において、看護職者として必要な基礎的な知識・技術および態度を修得したうえで、2~3年次に学ぶ成人看護学系、老年看護学系、小児看護学系、母性看護学系、精神看護学系および在宅看護学系の各科目において、より高度で専門的な知識と技術を修得します。

 

4)3~4年次に学ぶ「看護管理学」「緩和ケア論」「救急看護論」「統合看護学実習」などの統合看護学系の各科目では、医療や看護に対する知識・技術および実践的態度をより深め、広い視点から看護を理解します。

 

5)4年間を通じて、「研究方法論」「卒業研究」「看護学総合演習」などの科目では、看護職者に必要な生涯学習・自己研鑽能力、研究的態度および発信力を修得します。

 

6)保健師課程は選択制とします。2~4年次に学ぶ「公衆衛生看護学各論Ⅰ~Ⅲ」「公衆衛生看護学演習Ⅰ、Ⅱ」「公衆衛生看護学実習Ⅰ、Ⅱ」などの科目では、行政・産業・学校などの地域やコミュニティを対象とした公衆衛生看護の知識と技術を修得します。

薬学部

薬学科

本学の教育は「命の尊厳と豊かな人間性」の基本理念の追求に基づいています。薬学部では、ディプロマ・ポリシーに示す資質、能力を身につけるために、6年間の薬学教育を通じて以下に示す教育科目を編成します。それぞれの教育科目については、学修成果基盤型教育(OBE)を念頭に各分野において適切な学習方略(学習方法と学習資源)を選択します。また、学修評価についてはアセスメント・ポリシーに記す方針に従い、採用した学修方略に対応する適切な評価方法を選択します。

1)命の尊厳の理解および豊かな人間性と倫理観の育成
 命の尊厳の理解や倫理観を身につけるために、入学から卒業までを通して倫理・ヒューマニズム教育を実施します。さらに、特定の知識に偏らない幅広い教養と豊かな人間性を身につけるために、低学年次から人文・社会・自然科学・国際系・言語系の科目を配置します。

2)薬学・医療の進歩のために問題を発見し、科学的視点に基づき解決する能力
 薬学に必要な幅広い科学的知識・技能・態度を身につけるために、全学年を通して体系的に専門科目を配置します。さらに、薬学・医療の進歩のために問題を発見し、科学的な視点に基づき解決する能力を身につけるために、能動的な学習を取り入れた演習や実習および卒業研究を配置します。

3)理論に裏付けられた最適な薬物療法を実践する能力
 主体的に薬物療法を実施、評価するためには、病態の理解、薬物の知識、患者の全人的理解などが必要です。そこで、低学年次から基礎および医療、臨床に関する知識・技能などを修得するために、講義・演習・実習を体系的に配置します。そして、医療の高度化に対応するために、より専門的・実践的な臨床科目を高学年次に配置します。

4)地域および社会の保健・医療・福祉の発展に寄与する意欲と態度
 地域、社会における薬剤師の役割や重要性を理解し、専門性を発揮することによって地域、社会の保健・医療・福祉における問題点を解析し、地域医療の向上に貢献する意欲・態度を身につけます。そこで、低学年次より実務家教員による講義および保健・医療・福祉に関する講義・実習を体系的に配置します。

5)患者中心のチーム医療に必要なコミュニケーション力
 医療の現場において、薬剤師が自分の専門職能を最大限に発揮して医療に貢献するためには、患者・家族との対話、医療に係る多職種との連携が必須であり、多職種の理解と基本的知識、およびコミュニケーション力が要求されます。そこで、入学時より実務家教員による講義、少人数でグループ討論をする演習・実習を体系的に配置するとともに、複数の医療系学科と共同で学ぶ合同演習科目および多職種連携教育科目などを配置します。

6)自己研鑽と次世代の人材育成
 日々進歩する医療に対応するために、生涯にわたり主体的に学び続け、次世代を担う人材を育成する意欲と態度を身につけます。そこで、少人数のグループでの学習および研究の成果に対する適切なフィードバックを繰り返し、自己分析をする演習や実習を配置します。さらに、他者と相互理解し、指導や議論、発表ができるように、グループ討論および発表会を取り入れた演習や実習、および卒業研究を配置します。

健康科学部

心理学科

日々変動するストレスの多い社会の中で、自己や他者のこころに積極的に関心を持ち、肯定的自己理解を有し、他者に共感的理解を示しながら、温かい人間関係を構築することができ、さらに、個人的だけではなく、人間関係を生かしながら社会の中で生じる課題を創造的に解決していくことのできる人材を育成することが教育目標です。このような自律(自らを尊重し、セルフマネジメントができる)、共感(人を尊重し、こころを理解できる)、協働(人と社会のために、他者とともに行動できる)を旨として、心理学とコミュニケーションの幅広い専門知識と理論および技能の修得と、それを実社会における課題を解決するために活かすことのできる実践的なエキスパートを育成するために、次のようなカリキュラムを編成しています。

1)心理学の専門知識・理論を学ぶ専門科目群、学内の演習・実習、学外実習を系統的に学ぶことができます。

2)コミュニケーション学の専門知識・理論を学ぶ専門科目群、学内の演習・実習、学外実習を系統的に学ぶことができます。

3)専門職大学院と連携して公認心理師・臨床心理士を目指す履修モデル、医療福祉系への就職を目指す履修モデル、企業への就職を目指す履修モデルの、社会的実践の場を意識できる3つの履修モデルを学ぶことができます。

4)専門職種間の連携教育のための関連科目を年次を通して学ぶことができます。

5)ディプロマポリシーの中で専門科目だけでは十分な対応できない国際的多様性や生涯学習については、幅広い教養科目であるスタンダート科目とオプション科目で学ぶことができます。

医療栄養学科

『食と栄養』を科学的に学び、『食と栄養の力』で健康の維持・増進及び病気の予防・改善を図る管理栄養士の養成を目指すとともに、既存学部における健康・医療・福祉分野での教育・実習の実績を活かしながら、他学部・他学科あるいは地域社会と連携したカリキュラムを展開することで、医療人として高度な専門的知識や技能のみならず、高い倫理観を備えた豊かな人間性を持った「管理栄養士」の養成を実現します。この目的を達成するために以下のカリキュラムを編成します。

1)医療人育成に向けたスタンダード科目とオプション科目および専門教育への導入を目的とする基礎教育                            
 スタンダード科目とオプション科目では個々の豊かな人間性を育み、さらに入学早期から専門職としての管理栄養士に対する意識付け教育を実践します。この分野では「早期体験学習」で実際の現場を体験しながら管理栄養士としての心構えを学び、さらに、早期から多職種との専門職連携教育(IPE)をカリキュラムに配置することでコミュニケーション能力を養いながら管理栄養士の役割と他の職種を理解する力を育みます。 
  

2)管理栄養士としての知識と技能を育成する専門教育
 専門的な知識の十分な理解を図るため、専門基礎分野に「生化学Ⅰ・Ⅱ」「生化学実験Ⅰ・Ⅱ」と有機化学の理解を深めるとともに「病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「病態生理学実習」を配置し、病態に対する理解を深める工夫をしています。さらに、高齢化、疾病の複雑化・重症化が進行する中、薬の知識や介護・福祉の知識を取り入れた管理栄養士教育が必要となっているところから、専門応用分野では、「栄養薬学」や「臨床栄養学各論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ」において医療、福祉、介護の現場に対応した教育内容とすることで、在宅まで含めた社会的ニーズに対応できる質の高い管理栄養士教育をめざします。

医療経営学科

教育研究上の目的は、医療マインドと高い倫理性を持ちながら、社会的価値を高める経営手法を修得し、広い視野から医療に関わる事業組織の運営に貢献する人材を育成することです。この目的を達成するために以下のカリキュラムを編成します。

1)専門教育科目の充実
医療経営を修得するためには、医療の特殊性を踏まえ、ヒト、モノ、カネ、情報のマネジメントを学修する必要があります。このため、経営学・経済学系科目、医療・医学系科目、情報学系科目をバランスよく配置し、多様な専門領域を効果的に学修できるカリキュラムを編成しています。

2)少人数教育の充実
各学年に少人数による演習科目を必修科目として配置しています。とりわけ3年次の「専門演習Ⅰ・Ⅱ」では、少人数グループによる演習を通じ、医療経営に関わる多様な問題をテーマに、議論、調査、討論などを行い、問題を発見する力、解決する力を修得します。4年次の「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では、医療経営を修得した集大成として、その成果を論文にまとめます。

3)実践的な演習・実習科目の充実
医療施設における最新の管理手法を学ぶために、実際の医療施設の情報システムを基にしたシミュレーションを行うなど現場に即した実践的な演習科目を数多く配置しています。
また、医療施設や医療関連企業など、現場へのフィールドワークを実施する実習・演習科目を配置しています。講義科目で学んだ知識を実践する感覚と能力を修得します。

医療福祉学科
医療福祉学専攻

 

社会福祉学の学びを基盤として、医療福祉学・精神保健福祉学に関する専門的知識・技術・態度の修得を教育研究上の目的とし、その達成のために以下のカリキュラムを編成します。

1)初年次から始まる専門職連携教育を通じて、社会福祉士・精神保健福祉士としての倫理観および職業観を養い、多職種連携に必要な協働能力を育みます。スタンダード科目とオプション科目では個々の豊かな人間性と自主的に課題発見、探求する姿勢を育みます。

2)専門基礎科目では、現代社会と福祉において社会福祉の根本理論について学びます。

3)全学年に配当されている専門科目では、社会福祉、精神保健福祉に必要とされる基本的知識を修得するとともに、社会福祉、精神保健福祉の各分野に必要とされる専門知識を学びます。さらに、社会福祉援助技術演習、精神保健福祉援助演習において実践のための技術を身につけ、各現場実習を通じて実践能力と社会福祉専門職としての人間性を育みます。

4)広く福祉マインドを持ったひとの育成を目的として、福祉の学びを活かし福祉教育に従事する力を養います。

5)4年間の集大成としての卒業研究では、専門職業人として必要な問題分析能力、論理的思考能力、情報発信能力を身につけます。

 

医療福祉学科
介護福祉学専攻

 

社会福祉学の学びを基盤として、介護福祉学に関する専門的知識・技術・態度の修得を教育研究上の目的とし、その達成のために以下のカリキュラムを編成します。

1)初年次から始まる専門職連携教育を通じて、多職種連携の意味を理解し、チームアプローチを実践するための豊かな人間性と対話力を身につけます。スタンダード科目とオプション科目では個々の豊かな人間性と自主的に課題発見、探求する姿勢を育みます。

2)専門職連携教育や専門科目を通して、自らの専門職としての価値や位置づけを理解し専門的知識、技術を身につけます。

3)介護福祉を必要とする人々の暮らしの場において提供される多様な介護サービスを知り専門職として求められる実践力を理解し学びます。

4)広く福祉マインドを持ったひとの育成を目的として、福祉の学びを活かし福祉教育に従事する力を養います。

5)4年間の集大成としての卒業論文において、専門職業人として介護福祉の視点を多角的に学び問題意識と解決能力をつけます。

 

医療福祉学科
保育福祉学専攻

 

社会福祉学の学びを基盤として、保育福祉学に関する専門的知識・技術の修得を教育研究上の目的とし、その達成のため以下のカリキュラムを編成します。

1) 初年次から始まる専門職連携教育を通じて、多職種連携の意味を理解し、実践するための専門的知識・技術を身につけます。スタンダード科目とオプション科目では個々の豊かな人間性と自主的に課題発見、探求する姿勢を育みます。

2) 自らの子ども観、保育観、福祉観を養うために、演習・実習を通して、体験的に学びます。

3) 子どもをめぐる社会状況を多角的・構造的にとらえ、ソーシャルワークの視点に立った専門的知識・技術を身につけます。

4)広く福祉マインドを持ったひとの育成を目的として、福祉の学びを活かし福祉教育に従事する力を養います。

5) 4年間の集大成としての卒業研究では、専門職業人として必要な問題分析力、論理的思考、問題解決力を培います。

健康スポーツ学部

健康スポーツ学科

教育研究上の目的は、社会の状況に応じた健康・運動・スポーツ分野における専門的な知識や技能を提供し、豊かな人間性と協調性を有し、関連する専門職と連携・協力して問題を解決できる力を高めることのできる人材を育成することです。この目的を達成するために、以下のカリキュラムを編成します。

1)基礎学修力の充実
 大学での学修の仕方や大学生として必要な基礎的学修能力を1年次より開講されるスタンダード科目およびオプション科目を中心に身につけていきます。また、友人達とのコミュニケーションを通して大学生としての生活態度や心構えを養っていきます。

2)専門基礎・専門科目の充実
 保健体育教員、健康運動指導士など多岐にわたる免許・資格取得のための専門基礎科目と専門科目の学修を通して専門的能力の修得を目指します。また、専門職連携教育(IPE)関連科目を学修することによって専門分野に幅広く貢献する能力を身につけることができます。

3)演習・実習科目の充実
 健康・運動・スポーツを専門とする職業人においては、専門的知識や技術の修得のみならずその知識や技術を実際の行為として提供していくことが重要になってきます。そのためにグループによる演習、実習等を通じて現場に役立つ実践力、問題解決能力を身につけていきます。また、免許・資格試験に向けた学力を培っていきます。

 

最終更新日:2020年3月31日