1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

在学生の方へ

感染症による授業欠席について

下記の感染症にかかる、または疑いがある場合は教務課へ連絡し、授業を欠席してください。感染症による欠席については、欠席扱いとはしません。登校には医師記載の診断書(病名によっては治癒証明書)が必要です。登校した際に教務部署に提出してください。
また、骨髄移植や末梢血幹細胞移植のドナー時の欠席についても感染症と同様に授業の措置を行います。

完治後の登校についての注意事項
・診断書(病名によっては治癒証明書)を教務部署に提出してください。
・試験があった場合は追試験の申請を行ってください。
・欠席した授業について、授業担当教員に授業の内容、課題等を確認し、修学の遅れを取り戻すよう心掛けてください。

学校感染症による出席停止の基準(学校保健安全法施行規則より)

分類病名出席停止の基準
第1種 エボラ出血熱

治癒するまで

クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ熱
ラッサ熱
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARS)
急性灰白髄炎(ポリオ)
鳥インフルエンザ(H5N1)
第2種 インフルエンザ 発症後5日、かつ、解熱後2日(幼児3日)が経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治癒が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消失した後2日を経過するまで
結核 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
第3種 コレラ 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症

最終更新日:2019年9月19日